「10年後のBodyのために 今、私たちができること」座談会④エクササイズ


今回の素敵女医の鼎談はエクササイズについて。健康にいいといわれるエクササイズもやりすぎるのはNG。かえって体を痛めてしまうこともあるそうです。

 

神保眞理子さん

Mariko Jinbo

63歳 整形外科
神保整形外科

 

「週に3~4回、リビングで足を投げ出しているときに、膝を伸ばしてももに力を入れ、大腿四頭筋を鍛えるように心がけています」

 

 

関口由紀さん

Yuki Sekiguchi

54歳 泌尿器科
LUNA骨盤底トータルサポートクリニック

 

「サプリの摂取で免疫力が上がったせいか、風邪をひいたり、疲れを翌日に持ち越すことはほぼありません」

 

 

窪田美幸さん

Miyuki Kubota

60歳 眼科
三軒茶屋眼科

 

「パワープレートの上で毎日10分間、スクワットと腹筋運動をしています。効率よく運動できるので、忙しい人におすすめです」

 

 

反動をつけた
エクササイズはNG!

窪田 10年ほど前、当時人気だったトータルワークアウトにハマっていました。そのときは、ささ身を中心に1日6食(笑)。努力の甲斐あってムキムキになりましたが、肩と腰を痛めてしまってやめました。

 

神保 ビリーズブートキャンプもはやりましたね。うちのクリニックにも、定年後の男性が週に5日も6日もジムに通い、体を痛めて来られるというケースが非常に多いです。中高年は、トレーニングもスローな感じにしたほうがいいと思います。勢いや反動をつけてやるものは危ない。

 

窪田 過激にやりすぎた人が、急死する事例もあります。

 

神保 そうですよね。患者さんのなかに、「今まで脚がこれくらい開いたのに、こちら側が開かなくなりました」と診察に来る方がいます。開脚で無理をして、軽い肉離れを起こしたり。肉離れは、その部位が硬くなって治るんですね。若者ならともかく、中高年が硬くなった部分を広げようとしても、前ほどは広がりません。それを無理に広げようとすれば、また肉離れを起こします。

 

関口 去年、開脚を指導する本がベストセラーになりましたが…。

 

神保 別に開脚できなくてもいいのにね(笑)。以前、ベテラン女優さんのCMではやった、脚を広げるマシン。あのときは、股関節を痛めたお年寄りがたくさん来ましたよ。あれも反動を利用したエクササイズでした。

 

窪田 体力や体の柔らかさには個人差があるので、人がやってよかったものが自分にも合うとは限らない。私も加圧トレーニングをやりすぎると、ものすごい頭痛がします。皮下出血もたくさん出ました。

 

関口 インストラクターの人たちも、やりすぎて体を壊したりしますから。何事もほどほどに、ですね。

 

 

 

次のページでは神保先生オススメのストレッチをご紹介。

この記事をシェア!

Pinterest LINE

この記事をシェア!

Pinterest LINE
第9回
「10年後のBodyのために 今、私たちができること」座談会④エクササイズ

Fenceinbostonをもっと楽しみませんか?

Fenceinbostonはウェブサイトだけでなく、メールマガジンや、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

Fenceinboston メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
集英社 Fenceinboston
Fenceinboston / Fenceinboston
  • To Top