素敵女医の〝眼瞼下垂〟くい止め術①不調の原因にもなる「眼瞼下垂」とは?


上まぶたが黒目の上の部分まで垂れ下がってくる眼瞼下垂

素敵女医の半数以上が症状を感じ、手術をすませた人も6%いました!

 

 

 

 

頭痛や肩コリ、不眠やうつの原因にもなる眼瞼下垂

 

眼瞼下垂とは、さまざまな要因でまぶたを持ち上げる筋肉(眼瞼挙筋)が弱くなり、上まぶたが垂れ下がって目が開けにくくなった状態をいいます。目を無理に開けないとものが見づらくなるため、額にシワが寄ったり、上方を見るときあごが上がったりすることも。外見的な変化だけでなく、頭痛や肩コリ、さらには不眠やうつ病の原因にもなるので、早めの対策が必要です。

 

今回は素敵女医の皆さんに、手術、 マシン、コスメから耳ツボまで、眼瞼下垂のくい止め術を詳しく聞きました。 プロのノウハウをとくとご覧あれ!

 

 

 

素敵女医77人に聞きました。

 

 

アイメイクがしにくい

◆目を開けるとおでこにシワができる

◆目が小さく&細くなった

◆瞼が重くたるんできた

 

 

【What’s S-Joy?】

S-Joyとは、素敵女医(SUTEKI JOI)からのネーミング。

Over-45のFenceinboston世代で、 若々しくイキイキと輝いている女性医師たちに、

ずっと美 しく健康で過ごす秘訣を伝授してもらうシリーズです。

美容皮膚科、婦人科、歯科、形成外科など、

幅広い科の先生方の専門知識を生かしたアドバイスや、

ご本人が実践していることをお伝えします。

 

 

 

 

New S-Joy

吉田貴子さん Takako Yoshida

45歳 皮膚科
渋谷スキンクリニック
「43歳頃から眼瞼下垂が気になってますが、対策として当院併設の鍼灸院に通っているほか、眉毛を上げずに目を大きく開けるよう心がけています」

 

 

 

次回は、手術をすることで「眼瞼下垂」をくい止めた素敵女医の体験談をご紹介します。

 

 

イラスト/ミック・イタヤ 取材・原文/上田恵子

 

LINEで送る

Fenceinbostonをもっと楽しみませんか?

Fenceinbostonはウェブサイトだけでなく、メールマガジンや、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

Fenceinboston メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
集英社 Fenceinboston
Fenceinboston / Fenceinboston
  • To Top