素敵女医の〝眼瞼下垂〟くい止め術⑤耳ツボへの鍼やアイクリームでケア


手術をせずに下垂をくい止める素敵女医も!

 

眼瞼下垂 【手術しない派】

 

まぶたに重く脂肪がついている人や、下垂が顕著な人が選ぶ眼瞼下垂手術。
切った人・切らなかった人それぞれの素敵女医に体験談を聞きました。

 

今回は、額へのヒアルロン酸注入や耳ツボに鍼を打っているという上田章子先生と、コスメ、注射、マシンでケアをしている髙瀬聡子先生の体験談をご紹介します。

 

 

 

上田章子さん Akiko Ueda

49歳 眼科
第2上田クリニック
「今現在、眼瞼下垂の手術をする予定はありませんが、おそらく5年以内にはしているような気がします」

 

 

顔の引き上げのため、耳ツボへの鍼を習慣に(上田章子先生)

 

「もともと垂れ目ぎみでしたが、 45歳以降に加速。目を開いたときにできる額のシワも気になります」と上田章子先生。

 

対策として行っているのは、額へのヒアルロン酸注入、マシンのフォトシルク(5年ほど前から半年に1度)、そしてエンビロンのC-クエンスアイジェルを塗ること。

 

「また3年ほど前から、リフトアップのために耳ツボに鍼を打っています。最初はサロンで、今は自分で気になったときにシール式のチタン粒の置き針を使って。セルフだと効果も少なめですが、プロにやってもらうとやった側だけ顔が引き上がっているので効き目は絶大です」

 

「耳にある目と額のツボに、鍼を置いて刺激します。3カ月に1回ほどのペースで、セルフで行っています」

 

次ページに続きます。

この記事をシェア!

LINE

この記事をシェア!

LINE


Fenceinbostonをもっと楽しみませんか?

Fenceinbostonはウェブサイトだけでなく、メールマガジンや、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

Fenceinboston メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
集英社 Fenceinboston
Fenceinboston / Fenceinboston
  • To Top