女性ホルモンが減ると視床下部が疲弊する!?/Dr.根来の体内向上プロジェクト

プロフィール写真

1967年、東京都生まれ。『ハーバード&パリ大学 根来教授の特別授業「毛細血管」は増やすが勝ち!』(集英社)は版を重ね、台湾、韓国でも翻訳され好評発売中! ハーバード大学医学部Lecturer on Medicine、ソルボンヌ大学医学部客員教授、奈良県立医科大学医学部客員教授、杏林大学医学部客員教授、事業構想大学院大学理事・教授。専門は内科学、腎臓病学、抗加齢医学、睡眠医学など多岐にわたり、最先端の臨床・研究・医学教育の分野で国際的に活躍中。

いし こんにちは。極力頭を使いたくないぐうたらライターいしまるこです。前回、根来教授のレクチャーを受けて、締め切りが近づいてもお尻に火がつかないのは視床下部の指令系統に問題アリかと疑っている今日この頃です。

 

Dr.negoro_

 

 

いし てことで根来教授web連載の新企画「脳年齢を若返らせる!視床下部編」の2回目はアワエイジ世代の視床下部について伺っていきますよ。

 

 

根来 こんにちは、根来秀行です。女性は40代以降、女性ホルモンがじりじりと減っていきますが、視床下部もその影響をしっかり受けます。
まずは、視床下部とホルモンの関係についてご説明しましょう。

 

 

いし 視床下部はホルモンのコントロールタワーなんですよね。

 

 

根来 はい。視床下部には体のどの部分がどんなホルモンを必要としているかの情報が集まってきます。その情報をもとに、下垂体にホルモン分泌の司令を出すホルモンを出します。司令を受けた下垂体は全身の内分泌器官にホルモンを出すように促すホルモンを出します。

 

 

いし ホルモン同士の伝言ゲームみたい。情報を伝える場所を間違うことはないんですか?

 

 

根来 受け取る側の各内分泌器官には、伝達に来たホルモンだけを認識する受け皿(受容体)があるから、不要な場所で働くことは基本的にありませんし、微量でもしっかり情報を伝達できます。ホルモンの量が過剰になると、その情報が各器官から下垂体、視床下部へとフィードバックされ、分泌が抑制されます。だから、ホルモン剤をとり続けると本来の分泌が抑制されるんです。

 

 

いし 根来教授がホルモン補充療法に慎重な立場をとっていらっしゃる理由のひとつもそこにあるんですね。

 

 

根来 はい、そうです。ホルモンを運ぶのはおなじみ毛細血管の役目ですが、その道のりを交通整理しているのが、視床下部に中枢がある自律神経です。

 

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第92回
女性ホルモンが減ると視床下部が疲弊する!?/Dr.根来の体内向上プロジェクト


Fenceinbostonをもっと楽しみませんか?

Fenceinbostonはウェブサイトだけでなく、メールマガジンや、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

Fenceinboston メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
集英社 Fenceinboston 集英社 Our Age
Fenceinboston / Fenceinboston
Follow @myageourage
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    To Top