健康で美しい体は、タンパク質で作られる!①

プロフィール写真

美容外科・美容皮膚科の「青山エルクリニック」院長。(社)日本形成外科学会専門医。(社)日本アンチエイジングフード協会理事。サーマクール専門医、ペレヴェトレーニングドクター。体の内側のコンディションを整えながら、美しさを導くことをモットーとし、最新の美容治療マシンや各種先端治療を取り入れている。

 

ムック『Fenceinboston』で、アラフィフ世代の素敵な女医が美しく健康でいるための秘訣を伝授する「S-Joy~素敵女医~」シリーズの第1回からのメンバー。

Fenceinboston 本誌にて好評連載中の「S-Joy~素敵女医~」シリーズ、連載第一回からご協力いただいる、「青山エルクリニック」杉野宏子院長。『Fenceinboston 2016 春号』の「素敵女医的『免疫力』を確実に上げる方法」にも登場されています。Fenceinbostonでも先生に連載コラムを依頼、今回は、たんぱく質のはたらきについて解説していただいています。

 

 

こんにちは、杉野宏子です。

今回は、タンパク質についてお話したいと思います。

 

 

タンパク質は人間が生きていくうえで、もっとも重要な栄養素のひとつです。筋肉、臓器、骨、血液、皮膚、髪の毛、爪など、肉体をつくる主要な成分であり、エネルギー源としても使われるなど、生きていくうえで欠かせない多くの成分の元になるのがタンパク質です。

 

人間の筋肉や臓器をきちんと機能させるには、いろいろな酵素やホルモンが必要になります。それら酵素やホルモンもタンパク質からできていますし、細胞の核やDNA、さらに病気やウイルスから体を守る免疫細胞もタンパク質でできています。また、骨や皮膚を構成するコラーゲン、髪の主成分であるケラチン、血糖値を下げるインスリンなども同様です。

 

 

男性の体の16〜18%、女性の体の14〜16%を占めているタンパク質。その材料の中には、体の中でつくることができない必須アミノ酸があります。そのため私たちは毎日、食べ物から質のいいタンパク質を摂らなくてはならないのです。特に女性は不足しがちだと言われているので、日々の食事でしっかり摂取するよう心がけましょう。

 

タンパク質を多く含む主な食べ物には、下記のようなものがあります。

IMG_4561

・肉類(牛、豚、鶏など)

・魚介類(魚、貝など)

・卵類

・大豆&大豆製品(大豆、豆腐、納豆など)

・牛乳&乳製品(牛乳、チーズ、ヨーグルトなど)

foodpic6887914

 

タンパク質は、動物性と植物性の2種類に分けられます。乳製品、肉や魚、卵などに含まれるのは動物性タンパク質で、豆類、穀物類、野菜などに含まれているのが植物性タンパク質になります。

 

 

動物性タンパク質と植物性タンパク質には、1つ大きな違いがあります。それは必須アミノ酸のバランスです。

次回はこの「アミノ酸」についてお伝えします。

 

 

 

杉野先生のアンチエイジングジュースのレシピは、次ページに!

この記事をシェア!

LINE

この記事をシェア!

LINE

Fenceinbostonをもっと楽しみませんか?

Fenceinbostonはウェブサイトだけでなく、メールマガジンや、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

Fenceinboston メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
集英社 Fenceinboston
Fenceinboston / Fenceinboston
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    To Top
    http://baden-medservice.com/kliniki-germanii/max-grundig-klinik/

    baden-medservice.com

    profvest.com/2014/07/hyip.html