夏のエネルギー補給にぴったりの「雑穀とうもろこしおにぎり」

プロフィール写真

料理研究家

浜田山・麹町にて料理教室「Salon de R」を主宰。女性の美と健康を考えた、おしゃれなメニューを数多く提案する。

また、「食することは人の輪なり」をモットーに、国内はもとより、NYやヒューストン、スペイン、韓国、シンガポールなど、海外でもレッスンを開催。各地で食を通じて人々と交流を深めている。

近著に全文英訳付きレシピ本『おにぎりレシピ101』(ポット出版)がある。

本格的な夏が近づいてきて、青果売り場ではとうもろこしを見かけることが多くなってきました!

 

とうもろこしと言えば、夏を感じる食材のひとつですが、実は夏の栄養補給源としても優秀なヘルシー食材です。

 

野菜と思っている方も多いと思いますが、実はとうもろこしは穀物に属するイネ科の植物。米・小麦と並ぶ「世界三大穀物」と言われています。

穀類ですので、主な成分は炭水化物(糖質)ですが、併せてビタミンB1やビタミンB2などのビタミンB群が豊富。ビタミンB群は、糖質や脂肪・タンパク質を効率よくエネルギーに変える働きをサポートしてくれる、夏バテ解消に欠かせない栄養素です。

また、ビタミンEも多く含まれます。ビタミンEには、血行をよくして冷えを改善したり、シミやしわなどのお肌のトラブルを予防したりといった効果があります。

また、腸内環境の整備に欠かせない食物繊維も豊富です。

ところで、とうもろこしにはたくさんの種類があります。今日は「幻のとうもろこし」とも呼ばれている希少な品種、「きみひめ」をご紹介しましょう。

「きみひめ」は強い甘みと果皮の柔らかさが特徴。口に入れたとき、甘さが口の中いっぱいに広がります。生でも食べられるとのこと。実が先端までギッシリと詰まっていて、1粒1粒がプリップリッとしています。

生産しているのが山梨県甲府市の中道地区にほぼ限られているため、あまり市場に出回らない希少な品種です。この地域は、「昼夜の温度較差が大きい」という盆地特有の気候と、「日照時間が長い」「笛吹川が育んだ肥沃な土壌」などの立地条件を生かし、昭和41年からとうもろこしの栽培を始めたそうです。

そんな「幻のとうもろこし」を使って、「雑穀とうもろこしおにぎり」を作ってみました。

他のとうもろこしと同様、雑穀類もビタミンやミネラルが豊富。不足しがちなこうした微量栄養素を、主食のおにぎりでしっかり補給できるのが嬉しいですね。

暑い夏、ちょっと白米が重たく感じられるときも、とうもろこしと雑穀の香ばしい風味でパクパク食べられますよ!

山田玲子とうもろこし

 

 

雑穀とうもろこしおにぎり

 

材料

米……1.5合

雑穀ミックス……30g

水……300ml

酒……大さじ1

塩……小さじ1

とうもろこし……1本

 

作り方

①米と雑穀ミックスを鍋に入れ、水と酒と塩を入れる。

②とうもろこしは実をこそげ取り、①に加えて炊く。

※炊飯器を使って炊いてもOKです。

この記事をシェア!

LINE

この記事をシェア!

LINE
第58回
夏のエネルギー補給にぴったりの「雑穀とうもろこしおにぎり」

Fenceinbostonをもっと楽しみませんか?

Fenceinbostonはウェブサイトだけでなく、メールマガジンや、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

Fenceinboston メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
集英社 Fenceinboston
Fenceinboston / Fenceinboston
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    To Top
    https://baden-medservice.com

    baden-medservice.com/kliniki-germanii/klinika-denglera/

    www.profvest.com/2014/04/Forex-Club-otzivi-obzor.html