PART1「まとめ野菜」ストック⑯ソフトドライトマト/作り方

プロフィール写真

夏梅美智子さん

東京都狛江市生まれ。雑誌やテレビなどを通して、簡単でおいしく、体にやさしい家庭料理を提案し続 けている。また「狛女(こまめ)」と名づけたグループで地元での食の活動にも忙しい。
近著に『もっと朝ラクおべんとう』(主婦の友社)

ソフトドライトマト

 

「美&元気」をめざすFenceinboston読者なら、外食よりも栄養バランスを考えて作れる手作りごはんの方が体にいいって思っているはず。そうはいっても、仕事などで忙しくて、毎日手作りはタイヘン・・・そんな時に活躍してくれるのがストックおかず

 

夏梅美智子先生著作「ストックおかずの知恵」より、お役立ちレシピをご紹介していきます。

 

 

【ソフトドライトマト/作り方】

 

生のままだとつけ合わせになりがちなミニトマトも、加熱することで違う味わいを出してくれます。

 

小さいサイズだけに、加熱方法に少しテクニックが必要。
塩をふって日なたにおき、低温でじっくり焼きます。
塩味が全体になじんでやわらかく、かみしめるほどに味が広がります。

 

オイルに漬けて、リゾットやパスタに

粗く刻んでサラダや炒め物もOK

 

 

●ストックの作り方●

保存

冷蔵庫で10日間 密閉容器、または保存袋を使用

 

材料(作りやすい分量)

ミニトマト 3パック

塩 大さじ1/2

a オリーブオイル、サラダ油:各1/2カッ プ

こしょう:少々 ローリエの葉:1枚  バジルの葉(あれば):少々

 

作り方

1 ミニトマトをへたを除き縦半分に切る。切り口に塩をつける。

2 切り口を上にしてザルなどに広げ、日なたで5~6時間干す。

3 オーブンの天板にオーブンペーパーを敷き、2の切り口を上にして並べる。110℃のオーブンで約90分焼く。

4 保存する容器に入れてaを注ぐ。

※漬け汁はパスタにかけたり、ドレッシングに混ぜたり、野菜の炒め物に使うなど、いろいろな料理に利用できる。

 

切ったミニトマトに塩を手でつける。このまま干すので、ザルや皿にのせて

 

焼き上がりの状態。低温で焼くので表面は焦げず、全体がしんなりする

 

保存する容器に入れ、オリーブオイルとサラダ油、ローリエの葉を入れる

 

 

 

次回は、「ソフトトマトとかじきの蒸し物」のレシピをご紹介します。

 

 

撮影/野口健志 スタイリスト/肱岡香子

 

「ストックおかずの知恵」(集英社)

この記事をシェア!

LINE

この記事をシェア!

LINE
第16回
PART1「まとめ野菜」ストック⑯ソフトドライトマト/作り方

Fenceinbostonをもっと楽しみませんか?

Fenceinbostonはウェブサイトだけでなく、メールマガジンや、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

Fenceinboston メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
集英社 Fenceinboston
Fenceinboston / Fenceinboston
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    To Top