抗酸化力で老化防止! NYでも、とっても人気のターメリック!

プロフィール写真

杉本佳子
ファッションジャーナリスト兼美容食研究家
1988年よりニューヨーク在住。1989年よりファッションジャーナリストとしてファッション、ファッションビジネス、小売りビジネスについて執筆。2013年より美容食研究家としても活動し始め、ブログ「YOSHIKOlicious Beauty」とインスタグラムを通じて、美肌効果の高い食材をなるべく使い、美味しくて見た目がお洒落な料理を紹介している。見た目がきれいだと気分が上がり、食べて美味しいので嬉しくなり、美容と健康にいいのでさらにハッピーになる「3回ハッピーになる料理」がモットー。ファーマーズマーケットなどで買う生命力のあるオーガニックの食材をなるべく使う。食材の意外な組み合わせでも定評がある。

 

NYで、今話題の人気食材といえば、

  ターメリック

だそうです。「ターメリック」というと洒落て聞こえますが、日本でいえば「うこん」。そう、あの〝肝臓にいい″ とサプリなどで愛用者の多い「うこん」のことです。それが、日本でももてはやされたように、今、NYでも、いえ、アメリカ全体で、人気なのだそう!

 日本では食材としてはあまりポピュラーでなく、食事にターメリックを使う例といえば、本格インド料理を作るときぐらいですが、アメリカでは日常の気軽な一品にターメリックが取り入れられているとのこと。サプリメントもいいけれど、美味しく食べられるなら、なお良さそうです。

 乾燥、生、それぞれに特徴のある鮮やかな色を生かした、見て、食べて、元気が出て、と3回美味しい「トリプル美食」のターメリック・レシピを、NY在住の杉本佳子さんが、ご紹介します!

 

ターメリックパウダーをどばどばかけて

きれい色のチャーハンが完成

グーグルの調査によると、グーグル上での「ターメリック」の検索はここ数年飛躍的に増えているそうです。ターメリックは、強い抗酸化作用や抗炎症作用をもつポリフェノールの1種、クルクミンを含んでいることで知られています。つまり、肌の老化防止が期待できるということ。デトックス効果も大きいそうで、嬉しい効能がいっぱいですね!

 

見るからに美味しそう! ハーブと一緒だと香りが複雑になり美味しさもUP

 

使いやすいのは、やはりパウダー状のスパイスになっているターメリックです。香りをかぐと、それだけでインドやタイ、ベトナムなど東南アジアフードのレストランを思い起こさせます。味は、ちょっとスモーキーで苦みがある感じがします。私はスパイスのターメリックはカレーやタンドリーチキンをつくる時に入れたり、サラダのドレッシングにちょっと混ぜたりしています。ドレッシングに混ぜても、色鮮やかで、しかも意外にエスニックっぽくなりすぎず、ほどよいスパイス感のある味になります。

 

実は私が一番気に入っているターメリックを使った料理は、ターメリックライス! ジャスミンライスやバスマティライスを使って、チャーハンをつくります。具はみじんぎりにした生姜、玉ねぎか長ネギ、にんじん、細かく切った豚肉かチキンなどをお好みで。フードプロセッサーで細かくしたアーモンドかピスタッチオを少し加えてもおいしいです。お好みの作り方で炒め、火からおろす前に塩コショウを加えますが、その時に、ターメリックもどばどばとかけて全体をミックスしながらサッとひと炒めします。そうすると、オレンジ色のきれいなエスニック風のチャーハンが出来上がります。最後にざく切りにしたパクチーを混ぜて出来上がり。

 

日本では根っこつきのパクチーはあまり見かけないかもしれませんが、もしも手に入ったら、是非根っこをきれいに洗ってみじん切りにして、みじん切りにした生姜を炒める時に一緒に炒めてください。味が格段に良くなります!そればかりか、パクチーの根っこは抗酸化力が強くて美容食の食材としてもピッタリなんです。私はパクチーの根っこが手に入ったら、必ずみじん切りにしてチャーハンやスープに入れます。是非お試しくださいね。

 

 

注目の健康ドリンク「ゴールデンミルク」も

自宅で簡単に作れちゃう!

ニューヨークでは、ティーバッグのハーブティーでターメリックが入っているものもわりと見かけます。でも私個人は、ターメリック入りのお茶はちょっとクセが強くて飲みやすい感じではないと思っています。ターメリック入りのドリンクなら、お勧めなのはゴールデンミルク。元々はインドが発祥ですが、ここ数年、健康ドリンクとして注目されています。

 

人気のハーブミルク、「ゴールデンミルク」は、ターメリックが決め手

 

私は、イーストビレッジにある量り売りのお茶やさん「フィジカルグラフィティー」のオーナーのイラーナさんから、ゴールデンミルクの作り方を教えてもらいました。それは、すりきり小さじ1杯のターメリック、小さじ4分の1の黒コショウ、小さじ1杯のココナッツオイル、カップ1杯の温かいミルク、そしてはちみつを好みで少し、混ぜ合わせて飲む、というものです。イラーナさんによると、ターメリックは黒コショウと脂肪と一緒でないと体内に吸収されないとか。ミルクは、私は普通の牛乳が好きですが、お好みで豆乳やアーモンドミルクなど他のミルクを使っていただいてもいいと思います。

 

オレンジ色が鮮やかな生ターメリックは、

色と香りのアクセントに

ニューヨークのグルメフードストアやファーマーズマーケットでは、生のターメリックも売られています。見た目はちょっと芋虫のような感じですね!

ファーマーズマーケットで見かけた、生のターメリック。

生のターメリックはすりおろして使うのが一般的ですが、乾燥スパイスになっているターメリックとは質感も色も全然違います。味もスパイス状のターメリックのようなスモーキーな苦みは感じられず、辛味をやわらげた生姜に近い感じです。おろすと、おろし生姜に似たしっとりした質感で、色はかなり鮮やかなオレンジです。これは、色があまりきれいでないスープにちょっとアクセントで使うのがお勧め。写真のスープはレンティル(レンズ豆)スープです。グリーンのレンティルでつくったスープですが、そのままだとあまり食欲をそそる色ではないかもしれません。でも、そこに砕いたピスタッチオを散らし、すりおろした生のターメリックをちょっと置くことで、見た目のきれいなスープに変身!ここまで鮮やかなオレンジはスパイスになっているターメリックでは出ませんので、生のターメリックならではの特性を生かした使い方といえると思います。

 

レンティル(レンズ豆)のスープは、具材とスパイスでフレンチにもエスニックにも

 

ちなみに、ニューヨークのウエストビレッジにあるジャズクラブ「メズロー」に行った時、メニューにターメリックハニーシロップ入りのカクテルがを発見し、オーダーしてみました。ターメリックの味は強すぎない感じでしたが、色がきれい!

「DON’T SING ME THE BLUES」というタイトルのカクテルで、ターメリックハニーシロップのほかには、ハーブ系のイタリアのリキュール、アペロールや、同じくイタリアの発泡ワインのプロセッコ、セルツァー(炭酸水)がブレンドされていました。カクテルにまでターメリックが入っているところに、ターメリック人気を改めて感じた次第です。

 

ターメリックも入った、色のきれいなカクテル。ノンアルコールにも応用できそう

この記事をシェア!

Pinterest LINE

この記事をシェア!

Pinterest LINE


Fenceinbostonをもっと楽しみませんか?

Fenceinbostonはウェブサイトだけでなく、メールマガジンや、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

Fenceinboston メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
集英社 Fenceinboston
Fenceinboston / Fenceinboston
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    To Top