スーパー食材「きのこ」/定番からニューフェイスまで、いろんな「きのこ」を知ろう!


低カロリーでヘルシーなきのこ。じつは、さらにスーパーパワーが秘められているのです!

 

定番からニューフェイスまで各きのこの特徴を知ってフル活用!

古いものは味も栄養価も低いので、購入する際は必ず鮮度をチェック。笠に張りがあって水分の出ていないものを選び、早めに使いきって。

 

【ぶなしめじ(白)】

プリプリ食感ときれいな色が特徴

■笠が茶色いものよりも弾力があり、甘味が強いのが特徴。近年は、白いぶなしめじ同士を交配させた新品種がブナピー〈ホクト〉の名で広く流通。

■シジミに多く含まれることで知られるオルニチンを含む。オルニチンは肝臓の働きをサポートし、二日酔いの改善に効果的といわれている。
■加熱してから冷やすと、独特のプルッとした食感が引き立つ

 

【ひらたけ】

味がしみやすく肉厚でジューシー

■日本で古来、親しまれてきたきのこ。一時期、市場で見かけなくなったが、近年は復活傾向に。欧州産のヒラタケ属とかけ合わせた新品種(写真: 霜降りひらたけ〈ホクト〉)も人気上昇中。
■他のきのこに比べてビタミンB群が豊富。
■揚げ物、炒め物、汁物などに幅広く使える。クセがなく、独特のプリプリとした食感が楽しめる。

 

【ぶなしめじ】

手に入りやすく使い道もいろいろ

■ぶなの枯れ木や倒木などに自生するきのこだが一般に食べられるようになったのは、人工栽培されるようになってから。 「本しめじ」という商品名で流通していた時期もあるが、本来の「ほんしめじ」は別の種類のきのこで、栽培が難しいためほとんど流通していない。

■肝臓の働きをサポートするオルニチンが豊富。

■味にクセがないのでいろいろな料理に。

 

【はなびらたけ】

健康パワーと味で、注目の美人きのこ

■古くから世界各地で「幻のきのこ」として珍重されてきた。近年β-グルカンの健康効果が発表され、世界的な話題に。

■β-グルカンを多く含む食品のひとつ。

■コリコリの食感が特徴。昆布の旨味成分として知られるグルタミン酸を含み、嚙みしめるほど旨味が出てくる。熱を通すといっそう香りが立ち、苦味や渋味、アクが少ないので使いやすい。

 

次のページに続きます。

この記事をシェア!

LINE

この記事をシェア!

LINE

Fenceinbostonをもっと楽しみませんか?

Fenceinbostonはウェブサイトだけでなく、メールマガジンや、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

Fenceinboston メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
集英社 Fenceinboston
Fenceinboston / Fenceinboston
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    To Top