「作りおき」で毎日手軽に「きのこパワー」を摂取!⑨「まいたけペースト」で「青魚のグリル」

プロフィール写真

石澤清美さん

料理研究家、国際中医師。健康を考えた料理を提案。近著に『毎日食べて糖尿病・高血圧・ ガン・肥満を予防&改善! きのこレシピ』(主婦の友社)

青魚のまいたけペーストグリル

毎日、適量を継続して食べ続けるのが、きのこパワーを効果的に取り入れるコツ。簡単作りおきがお得意の料理家・石澤清美さんに教えていただきました。

血液サラサラ効果の高い青魚も積極的に

青魚のまいたけペーストグリル

アジ、イワシ、サンマなど、好みの青魚を使って作りましょう。三枚におろしてあるものを購入すれば手軽にできます。

 

【材料(2人分)】

アジ……2尾
まいたけペースト(作り方は下記)……大さじ2
バジル(または青じそ)……8枚
ミディトマト……4個 (大きめのミニトマトで代用可)
オリーブオイル……少々
ライム(またはレモン)……適量
油……適量

 

【作り方】

  1. アジは三枚におろして腹骨をすき取り、小骨を抜く。まいたけペーストを塗り、バジルを1枚ずつのせて巻き、楊枝か竹串でとめる。
  2. オーブントースターの天板に薄く油を塗って①とトマトを串に刺して並べ、上からオリーブオイルを回しかけ、焼き色がつくまで10~15分焼く。ライム、バジルを添える。

 

 

作りおき まいたけペースト

白ワインとの相性抜群! 赤味噌が意外な隠し味

白ワインとの相性抜群! 赤味噌が意外な隠し味

パンに塗ったりパスタのソースにしたり、 野菜スティックのディップにも。調味料として炒め物に使うのもおすすめ。

 

【材料(作りやすい分量/約400㎖)】

まいたけ……大パック2(400g)
にんにく……2片
アンチョビー……20g
オリーブオイル……大さじ2
A)
白ワイン……50㎖
赤味噌(あれば八丁味噌)……大さじ2
塩……小さじ1/3
こしょう…少々

 

【作り方】

  1. まいたけとにんにくはフードプロセッサーにかけるか、みじん切りにする。
  2. オリーブオイルとアンチョビーをフライパンに入れて弱火にかけ、アンチョビーをつぶしながら加熱する。①を加えて油が回るまで炒める。
  3. Aを回しかけ、もったりとするまで混ぜながら、4~5分煮つめる。熱々を清潔な容器に詰める。冷蔵保存2週間可能。

 

 

撮影/鈴木泰介 スタイリスト/サイトウレナ  構成・原文/瀬戸由美子

 

 

この記事をシェア!

LINE

この記事をシェア!

LINE
第11回
「作りおき」で毎日手軽に「きのこパワー」を摂取!⑨「まいたけペースト」で「青魚のグリル」

Fenceinbostonをもっと楽しみませんか?

Fenceinbostonはウェブサイトだけでなく、メールマガジンや、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

Fenceinboston メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
集英社 Fenceinboston
Fenceinboston / Fenceinboston
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    To Top