オーストリアの宝石・ヴォルフガング湖で憧れの白馬亭に滞在

プロフィール写真

温泉ビューティ研究家・トラベルジャーナリスト
温泉旅で心も体もきれいになる
“ビューティツーリズム”を提唱。
トラベルジャーナリストとして取材執筆・
温泉の講演などで、年200日全国を旅する。

オーストリアの宝石・ヴォルフガング湖で憧れの白馬亭に滞在

 

晩秋のヨーロッパを旅してきました。今回の旅は南ドイツとオーストリアの温泉保養地を巡る旅。オーストリアの温泉地・バートイシェルからザルツブルグへ向かう道のりに、オーストリアの宝石と呼ばれる景勝地・ザルツカンマーグートがあります。この辺りは地殻の隆起と氷河が創り出したまさに、自然の美しい造形芸術といえるような場所。2000メートル級の山々と大小70以上もの湖が点在しています。中でも特に美しくロマンティックなのがヴォルフガング湖。ここに、どうしても泊まりたいホテルがありました。オペレッタ「白馬亭にて」の舞台にもなった歴史あるホテル「WEISSES RÖSSL (ヴァイセスレッスル)」=白馬亭です。

真っ赤な壁に白馬とオペレッタの楽譜。ひときわ可愛い外観に心躍ります。この宿の始まりは、1474年ごろ。巡礼客が泊まるペンションがあったそうです。1878年に湖沿いの3つの古民家を改装して白馬亭となり、1912年にPeter家の所有となって以来100年以上、一族が経営して歴史を重ねています。

運よく湖側の部屋に泊まることができました。古民家の雰囲気が残る家具やベッドがすてき。こうした古いものを活かしながらも、宿の中は改装されていて、バスルームは最新のバスタブやシャワー、独立したトイレなどになっていて快適。あああ。ここに1週間くらい滞在したいです。

 

 

この宿にどうしても泊まりたかったもうひとつの理由が、ヴォルフガング湖に浮かぶ温水プール!中に入ると、目線が湖面と一緒。湖の目線から眺める風景は、さらに迫力があって感動的。なんと、白鳥もすぐ近くまでやってきます。温泉ではないのですが、その土地の「水」に入ることは旅の大きな目的でもあります。

ここは湖水地方の水に入れるスパが充実。プールの隣には、さらにホットなジャグジーがあり、ここで体を温めて、冷たい湖に飛び込むなんてこともできちゃいます。ロマンティックな湖の夕暮れをこんな場所で過ごせるなんて、幸せです。

 

 

この日は、オーストリアの記念日だったので、ホテルのスタッフも民族衣装を着ていました。ホテル内にはさりげなく絵画やアートも飾られていて、どこを撮っても絵になります。

 

次ページに続きます。

この記事をシェア!

LINE

この記事をシェア!

LINE
第93回
オーストリアの宝石・ヴォルフガング湖で憧れの白馬亭に滞在

Fenceinbostonをもっと楽しみませんか?

Fenceinbostonはウェブサイトだけでなく、メールマガジンや、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

Fenceinboston メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
集英社 Fenceinboston
Fenceinboston / Fenceinboston
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    To Top