更年期に急増する「足の悩み」⑧繰り返す「巻き爪」トラブルの原因は?

プロフィール写真

山口健一

「爪と皮膚の診療所 形成外科・皮膚科」院長。形成外科の専門医の資格を取得した後、「爪」を突き詰めるために皮膚科・整形外科を学び、さらに靴学・フスフレーゲの専門学校で学ぶという異色の経歴。2016年、満を持して爪に特化した医療を提供すべくクリニックをオープン。自称「爪職人」

足の悩みには、必ずと言っていいほど登場するのが爪のトラブル。見た目がよくないだけならまだしも、痛みを伴う「巻き爪」は一生繰り返すことも多く、大問題。

爪問題に果敢に取り組む、山口先生にお話を聞きました。

 

巻き爪の原因もアーチの崩れ?これを知らないと悪循環に

 

「巻き爪というと、足ではなく爪の病気だとか、深爪が原因だ、遺伝だなどと言われてきました。でも、どれも間違いだと思います。これもれっきとした足のトラブルなんです。
外反母趾などの骨の変形と同じように、骨格の構造の異常が原因。土踏まずのアーチの崩れから起きていることがほとんどです。その証拠にアーチを矯正するインソール(靴の中敷き)を使い続けると、巻き爪が治ってしまう人もいるんですよ」

と語るのは、自身が巻き爪だったことがきっかけで爪専門のドクターになった山口健一先生。靴職人やネイリストなど医療分野ではない方々の見解も取り入れながら、足のトラブルに向き合う「爪と皮膚の診療所」の院長です。

 

「何千人もの足を診てきた感覚からすると、クリニックを受診する方の9割は足のアーチが落ちています。巻き爪の患者さんも同様。だからインソールだけで治る人もいるんです。

ただ、爪のタイプや症状によってベストな治療法は違います。何度も再発する人は、その原因をきちんと突き止めること。実は、いちばん一般的なワイヤー矯正の再発率は非常に高く、「ワイヤー治療は完治させるものではなく、再発したらまた装着する」というのが現状です。ポイントは、どう長期間再発させないかにかかってきます。ワイヤー矯正に頻繁に高額な費用を払っている方や、根本治療を望む人にはNaOH法という手術をおすすめします。 昔と異なり手術療法は簡単になりました。15〜20分で終わるし痛みも少ない。オーバーサイズネイルと呼ばれる幅広すぎる爪などは、どうしても食い込んでしまうので、もれなく手術をすすめます。巻き爪治療のゴールは、自分で決める時代になったと思います」

 

 

【爪トラブルの本当の原因】

爪は内側へ巻きたがっているので、地面から正しく圧がかかっていなければ、端が巻いてきてしまいます。正しい圧とはなんでしょう?

体重が地面にかかるのに対し、地面からの圧が真っすぐかかり、爪は正常な形をキープ

 

運動不足、指に体重がかからない浮き指など、地面からの圧不足で爪が巻いてきます

 

扁平足、外反母趾などで指が変形していると、圧が偏り、爪の片側が巻いてしまう

 

つま先に圧のかかるスポーツや、先が狭い靴を履く人が、深爪をすると食い込んで傷に

 

 

巻き爪と混同しやすい、「陥入爪(かんにゅうそう)」とは?次ページに続きます。

この記事をシェア!

LINE

この記事をシェア!

LINE
第8回
更年期に急増する「足の悩み」⑧繰り返す「巻き爪」トラブルの原因は?

Fenceinbostonをもっと楽しみませんか?

Fenceinbostonはウェブサイトだけでなく、メールマガジンや、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

Fenceinboston メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
集英社 Fenceinboston
Fenceinboston / Fenceinboston
  • To Top