冷えとり名人が指南/ツボ編③ツボ刺激にお灸やこんにゃく湿布!?

プロフィール写真

田中美津さん

1943年生まれ。鍼灸師。1970年代初頭、日本のウーマン・リブ運動を主導。4年半のメキシコでの生活を経て、1982年より鍼灸治療院「れらはるせ」を開設。
『自分で治す冷え症』(マガジンハウス)『いのちの女たちへ とり乱しウーマン・リブ論』(パンドラ)など著書多数

冷えに効く、いろいろなツボ刺激法

 

 

冷えに無防備になりがちな夏は、冷房過剰で冬より冷えは深刻です。35年のキャリアを持つ鍼灸師で、冷えとり名人の田中美津さんが、"明るく養生、元気に不摂生"をモットーに、体も心もラクになる"好い加減"な夏冷え養生法を伝授。

 

今回は、美津さんおすすめの、冷えに効くツボ刺激法をご紹介します。

 

 

 

【お灸】

 

●初心者でも安心! 簡易灸で温熱刺激

お灸はエネルギーを与えるので、弾力のないほうのツボをねらいます。

熱いと思ったときにはもう効いているので我慢せず取り除いて。

はじめてのお灸moxa Thé vert 緑茶のかほり(50個入り)¥1,000/せんねん灸

 

煙の出ないタイプ。せんねん灸の奇跡 ソフト(50個入り)¥1,380/せんねん灸

 

貼るだけでOK。火を使わないお灸 太陽(2個入り)¥220/せんねん灸

 

 

次ページでは、【こんにゃく湿布】!をご紹介。

この記事をシェア!

LINE

この記事をシェア!

LINE
第12回
冷えとり名人が指南/ツボ編③ツボ刺激にお灸やこんにゃく湿布!?


Fenceinbostonをもっと楽しみませんか?

Fenceinbostonはウェブサイトだけでなく、メールマガジンや、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

Fenceinboston メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
集英社 Fenceinboston
Fenceinboston / Fenceinboston
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    To Top
    yeti can

    levitra compresse