「シグナルエクササイズ」でたるんだ筋肉を引き上げる!⑤筋肉別エクササイズ【内もも・前もも、腰・仙骨】

プロフィール写真

小平芳弘

「natural forme.」マスターセラピスト。カイロプラクティックを学び、筋肉を打圧する「BBMセラピー」を考案。眠っている筋肉を目覚めさせる「シグナル・エクササイズ」を確立し、話題に

いつでもどこでも気軽に実践できるシグナルエクササイズ。今回はもも、腰などの筋肉を目覚めさせるエクササイズをご紹介。脚のラインや姿勢がきれいになる、腰痛予防になるなどの効果が期待できます!

 

 

内もも・前もも

内転筋

内転筋を目覚めさせると、O脚が改善し、脚のラインがきれいになります。腟や肛門の筋肉も鍛えられ、下腹も引き締まります。

筋肉貯金 もも1

 

脚のラインを真っすぐに

筋肉貯金 もも2

内ももが硬くなるようにギューッと力を入れる

内ももの最もふくらんだ部分、または自分で使えていないと感じる部分に指を当て、そこが硬くなるように10秒間力を入れます。これを10回。次にその下側に指を当て、同様に10秒間、力を入れます。これを10回。左右とも行って

 

 

腰・仙骨

腰方形筋

この筋肉を目覚めさせると背骨の生理的湾曲が正しく整い、姿勢がきれいに。腰椎仙骨の関節のストレッチにもなり、腰痛予防にも。

筋肉貯金 腰1

 

姿勢が整い、腰痛予防にも

筋肉貯金 腰2

腰骨の上あたりを床へと押し下げるようにギューッと力を入れる

仰向けに寝て、腰骨の上のくびれのあたりに片手を当てます。手を当てた部分を床に向かって押し下げるように10秒間、ギューッと力を入れます。これを10回。左右とも行いましょう

 

 

 

次回は筋肉別シグナルエクササイズ【お尻、膝上】をご紹介します。

 

 

 

 

撮影/城 健太 イラスト/川野郁代 ヘア&メイク/木下庸子 スタイリスト/程野祐子 モデル/島村まみ 取材・原文/和田美穂

 

LINEで送る
第10回
「シグナルエクササイズ」でたるんだ筋肉を引き上げる!⑤筋肉別エクササイズ【内もも・前もも、腰・仙骨】

Fenceinbostonをもっと楽しみませんか?

Fenceinbostonはウェブサイトだけでなく、メールマガジンや、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

Fenceinboston メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
集英社 Fenceinboston
Fenceinboston / Fenceinboston
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    To Top