カラフルに祝う“死者の日” 、メキシコの“魔法の村”へ

プロフィール写真

世界有数のトラベルガイドブック「ロンリープラネット日本語版」の編集を経て、旅の楽しみ方を中心としたフリーランス・ライターへ。

旅と食や文化、アートなどライフスタイルについての執筆や編集、翻訳多数。

日本旅行作家協会会員。

こんにちは小野アムスデン道子です。11月2日の“死者の日”が近づくメキシコ、それも“魔法の村”を訪ねて!メキシコ中西部ミチョアカン州の州都モレリアで開かれた「魔法の村フェスティバル  Feria Pueblos Magicos」に行って参りました。

 

“魔法の村”とは、メキシコ政府観光局が「魔法がかかっているように魅力的な村」と認定したメキシコ全州の120カ所の村や自治体。その魅力を知ってもらうために、毎年、このフェスティバルが開かれています。2018年の開催地はメキシコシティから北西へ飛行機で1時間のモレリア。ミチョアカン州の州都であり、スペイン植民地時代の建物が残る世界遺産の歴史地区を持つ美しい街です。

 

 

“死者の日”は、世界的に大ヒットして日本でも家族愛に涙した人が多くいたアニメ映画『リメンバー・ミー(原題:COCO)』を観た人は、イメージがわくかも。11月2日の当日はメキシコの祝日で、その前から全土でいろいろとお祝いが開かれます。

故人に思いを馳せて祝う日本のお盆のようなものですが、とても明るい雰囲気で、マリーゴールドの花、がい骨や十字架、キャンドルで派手な飾り付けがされます。

 

モレリアの有名なキャンディマーケット(メキシコのフルーツ羊羹的な甘味菓子アテや、工芸品などもあります)にも、“死者の日”に向けてがい骨のお菓子が売られています。

この市場はクラビヘロ宮殿のすぐ近くで、ミチョアカン州名物の塗り物の工芸品ほか、カラフルなメキシコらしいお土産もいっぱいでおススメ。

親切な甘味屋のご主人がココアやナッツなどを入れて、メスカル(メキシコの有名なお酒)で造ったリキュールをいろいろ味見させてくれました。

 

 

市内中心にあるアルマス広場の周りなど、世界遺産の歴史地区を散策。まず、18世紀に建てられ、歴史を語る壁画が内部を彩る州庁舎へ。階段の前面には、メキシコ独立革命の英雄であるミゲル・イダルゴ神父と赤いスカーフを頭に巻いたホセ・マリア・モレーロスがメキシコ軍を率いる場面が描かれています。モレーロスはこちらの街出身で、モレリアという名前の由来にもなった人物。彼の生家も広場から近くにあります。

 

 

ランチは、広場にある歴史的な建物に入ったレストラン「ラ・コンスピラシオン・デ1809」で。ピーマンのように大きいチリの肉詰めフライが、適度にスパイシーでビールに合います。ライム果汁を絞ったグラスにビールを注いで飲む“ミチョラーダ”という飲み方が、お昼間にはアルコールも少なめで爽やか、そしてビタミンも取れて気に入りました。

ラ・コンスピラシオン・デ1809  la Conspiracion de 1809

 

 

広場からちょっと離れますが、20世紀初めまで使われていたという18世紀に造られた水道橋へ。

石畳の並木道に愛の小径と名づけられた美しい横道。街並が美しくて歩いていてとても心地よいです。

 

 

次ページに続きます。

この記事をシェア!

Pinterest LINE

この記事をシェア!

Pinterest LINE
第86回
カラフルに祝う“死者の日” 、メキシコの“魔法の村”へ


Fenceinbostonをもっと楽しみませんか?

Fenceinbostonはウェブサイトだけでなく、メールマガジンや、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

Fenceinboston メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
集英社 Fenceinboston
Fenceinboston / Fenceinboston
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    To Top
    Декабол купить