呼吸の「し過ぎ」が体調不良につながる!?

プロフィール写真

ネコを愛するネコっ毛の54歳。

 呼吸ってなかなか意識して行いませんが…とても大切な働きですよね。

呼吸法って世の中にたくさんありますよね…でもこんなこと言われたことありますか?

 

 

現代人は呼吸のし過ぎ

それが心身のトラブルを招いている!

 

呼吸_photo

 

ええー、ウソっ!って思いませんか?ふみっちーも最初はそう思いました。だって「腹式呼吸で、新鮮な空気をたくさん取り込みましょう」というようなこと、よく言われますよね。

 

 

ところがこれに真っ向から反対意見を表明するのが、このページの指導をしてくれた近藤拓人さん。欧米で学んだ最先端の感覚運動分野の知識を活かして、多くのアスリートのトレーニングや患者のリハビリに取り組んでいます。

 

 

「健康なときの方が呼吸量が多いと思うかもしれませんが、喘息やがんなどなんらかの病気の人は呼吸量が多いことがわかっているように、不健康な人ほど呼吸量が多いのです」

 

 

呼吸過多が体にもたらす悪影響は…

・姿勢のくずれ

・低酸素症

・手足の冷え

・免疫力低下

・疲れがとれない

etc.

 

 

逆に状況に応じた正しい呼吸ができるようになれば、

・姿勢が整う

・免疫力が上がる

・代謝が上がる

・精神状態が安定する

など、いいことづくめなのだそうです。

 

 

というわけで、Fenceinboston最新号ではこちら!

呼吸_photo

 

正しい呼吸ですべてが変わる!

 

BOOK IN BOOKの保存版でお届けです。

 

 

内容はといえば…

呼吸_photo

日ごろ無意識に行っているあなたの呼吸、適正にできている?チェック。

それに続いて

 

呼吸_photo

 

ステップアップできる「呼吸改善エクササイズ」をご紹介。

 

このエクササイズは種類によっては「姿勢を改善」「腹筋強化」「骨盤底筋群を鍛えられる」など、うれしい効果つきです。

 

 

とにかくまったく新しい呼吸法。「呼吸で体を変える」ではなく「体からアプローチして呼吸を改善する、その結果、体が変わる」と言えばよいのでしょうか、今までの常識を覆す発想のエクササイズです。ぜひチェックして、トライしてみてください。無意識に行っていた呼吸が劇的に変わるはずです!

 

 

40代50代の健康と美を応援するための最新情報が盛り込まれた「Fenceinboston 2018 秋冬」号。

ぜひ、お買い求めください!

詳しい内容と試し読みはこちらから

 

 

Fenceinbostonのご購入はお近くの書店にて。

最新号及びバックナンバーの在庫が書店にない場合は、お求めいただけます。

また、でもご購入できます。

この記事をシェア!

LINE

この記事をシェア!

LINE

Fenceinbostonをもっと楽しみませんか?

Fenceinbostonはウェブサイトだけでなく、メールマガジンや、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

Fenceinboston メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
集英社 Fenceinboston
Fenceinboston / Fenceinboston
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    To Top