あなたはどれ?3種の便秘タイプ、チェックテスト


更年期以降の便秘の背景には、女性特有の骨盤底筋の緩みや、 腟の劣化がかかわっています。放っておいたら大変なことになる便秘の実態を知り、今のうちに対策を!

 

 

教えてくれたのは…

山名哲郎さん Tetsuo Yamana

山名哲郎さん

秋田大学医学部卒業。JCHO東京山手メディカルセンター大腸肛門病センター部長。日本大腸肛門病学会専門医、指導医。便秘などの排便障害、痔疾患、骨盤底疾患(直腸瘤・直腸脱)、大腸がんなどの診断・治療に取り組み、直腸瘤には後腟壁形成術、直腸脱には腹腔鏡下直腸固定術を行う。おもな著書に『スーパー便秘に克つ!』(文藝春秋)など

 

 

松峯寿美さん Hisami Matsumine

松峯寿美さん

東京女子医科大学卒業。東峯婦人クリニック名誉院長。日本産婦人科学会専門医。女性専門外来の先駆けとして、妊娠・出産、更年期、老年期まで、婦人科系QOLを保つ医療を実践。骨盤底筋トラブルの治療や子宮脱を改善する経腟手術を行う。おもな著書に『50歳からの婦人科 こころとからだのセルフケア』 (高橋書店)など

 

 

更年期以降は 直腸性便秘が増加します

 

便秘には腸のぜん動運動が鈍くなる 〝弛緩性便秘〟、ストレスによって腸の動きが過敏になる〝ストレス性便秘〟、便が出にくくなる〝直腸性便秘〟の3つのタイプがあります。最も多いのは弛緩性便秘ですが、食物繊維が豊富な食事をとっているのに改善しない場合には〝直腸性便秘〟の可能性が大。

 

直腸性便秘は便が直腸に到達していながら、排便できないケース。腹筋の衰えや、肛門がうまく開かないなどの原因のほか、閉経以降の女性の場合、骨盤底筋や腟の緩みがもとで直腸性便秘になるケースが多いのです。

 

婦人科医の松峯寿美先生によれば、「骨盤底筋が緩むと、子宮や直腸が下垂して、直腸性便秘を招きやすくなります。『便が出ない』と強くいきむと、緩んだ腟内に子宮が落下する〝子宮下垂〟、腟外に子宮が飛び出す〝子宮脱〟を招くことも。すると直腸も下がってきてしまうのです。お尻に負荷をかけない排便習慣を心がけましょう」

 

次ページに続きます。

この記事をシェア!

LINE

この記事をシェア!

LINE


Fenceinbostonをもっと楽しみませんか?

Fenceinbostonはウェブサイトだけでなく、メールマガジンや、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

Fenceinboston メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
集英社 Fenceinboston
Fenceinboston / Fenceinboston
  • To Top