膣萎縮レーザー治療が女性のQOLを上げる? /前編 更年期は肌だけでなく、膣もふっくら感を失います

プロフィール写真

増田美加さん

1962年生まれ。女性医療ジャーナリスト。30年にわたり2,000名以上の医師を取材。自身が乳がんに罹患してからは、がん啓発活動を積極的に行う。著書に『医者に手抜きされて死なないための患者力』(講談社)ほか多数。NPO法人日本医学ジャーナリスト協会会員

医療ジャーナリスト 増田美加さんの更年期女性の医療知識 アップデート講座 

この連載では、Fenceinboston/Fenceinboston世代の女性が知っておきたい最新の医療知識をご紹介していきます。教えてくださるのは、医療ジャーナリスト の増田美加さんです。

 

腟萎縮のレーザー治療が女性のQOLを上げる?(前編)

 

取材でご協力いただいたのは

八田真理子さん Mariko Hatta

ジュノ・ヴェスタ クリニック八田院長・産婦人科医。聖マリアンナ医科大学医学部卒業。順天堂大学、千葉大学、松戸市立病院産婦人科を経て、1998年、現クリニック開業。思春期から更年期まで幅広い女性の診療を行う。日本産科婦人 科学会専門医。近著に『ハピちつ』(光文社)、『産婦人科医が教えるオトナ女子に知っておいてほしい大切なからだの話』(アスコム) ほか

更年期は肌だけでなく、腟も痩せてふっくら感を失います

 

外陰部、腟まわりでまず私が感じはじめたのは、乾燥、かゆみ、ひりひり感でした。外陰部に以前のようなふっくら感がなくなり、痩せてきたなあと。自転車のサドルが擦れて痛かったり、ヨガやピラティスで下着がくい込んだり…。そのうち、あぁこれは外陰部だけでなく、腟も潤いを失い、痩せてペラペラになっているのだと気づきました。ランニングしていると下着で外陰部が擦れるだけでなく、腟も擦れて痛むのです。

 

まさにこれは閉経後、エストロゲンの分泌量が低下したことによる外陰腟萎縮症です。

腟萎縮は女性なら誰にでも起こり得ること。閉経すると腟粘膜もエストロゲンの恩恵にあずかれなくなり、乾燥、萎縮が進みます。症状は年々増加するというデータが! Versi E, et al, Int Urogynecology J;2001;12:107-10

 

腟萎縮が始まると、外陰部と腟内の潤いがなくなって乾燥し、腟壁も弾力のない状態になり、傷つきやすくなります。腟萎縮が進むと、乾燥、かゆみ、におい、性交痛、緩みや、頻尿・尿もれ・尿失禁などの排尿障害を引き起こし、QOLに深刻な影響を及ぼします。

 

次のページに続きます。

この記事をシェア!

Pinterest LINE

この記事をシェア!

Pinterest LINE


Fenceinbostonをもっと楽しみませんか?

Fenceinbostonはウェブサイトだけでなく、メールマガジンや、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

Fenceinboston メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
集英社 Fenceinboston
Fenceinboston / Fenceinboston
  • To Top