Fenceinboston

全力応援! 40〜50代の美とからだ

Fenceinboston

全力応援! 40〜50代の美とからだ

最新の歯周病治療の流れとは?

前回は、歯周病は全身に影響を及ぼす全身病であることをご紹介しました。今回は、歯周病ケアの方法について、具体的にみていきます。

 

お話を伺ったのは…

 

Kenji Wakabayashi

若林健史さん

歯科医師、若林歯科医院院長。日本大学松戸歯学部卒業。日本大学客員教授、日本歯周病学会理事、日本臨床歯周病学会副理事長。歯周病専門医・指導医として、歯科医師向けや市民向けの講座も多数開いている

 

 

 

どうやって
治療するの?

歯周病のケアは、医師と患者の協力が必須だといいます。一度持ってしまった歯周病は残念ながらなくなりません。だからこそ、これ以上悪化させないために、ダブルのケアが重要なのです。

 

 

「歯周病はもともと歯周病菌という細菌による感染症ですが、それだけでは発症しません。歯周病菌のエサとなるプラークがカギとなります。ですから、治療ではプラークやプラークが石灰化した歯石の状態を検査して、それらを取り除くことです。これらのプロセスを"歯周基本治療"といいます。この歯周基本治療は、毎日行うセルフの歯磨きケアと歯科医院で行うプロのケアがセットになっています」(若林先生)

 

残念ながら、セルフケアだけでは行き届かない部分が必ず出てしまうため、プロの定期ケアは必須だといいます。歯周病は根治はできないので、歯周病と診断されたら、セルフと定期ケアを一生続けていきます。

 

 

最新の治療法は?

歯周基本治療でケアを続けたけれど、なかなか症状が改善されず、歯槽骨が溶けている場合には、次のステップに移ることも。「外科的」ケアは慎重に行うべきなので、医師と相談を!

 

歯科医院で行う歯周基本治療のケアは、歯周ポケットの奥に入り込んだプラークや歯石を超音波のスケーラーなどで除去していきます。奥に入ったプラークはセルフの歯磨きではケアしきれない部分です。基本治療やケアを繰り返しても歯周病が進行する場合は、プラークや歯石がかなり奥深くたまっている可能性があります。その場合は外科的処置を選ぶこともあります。

 

「外科治療にもいくつかの選択肢があります。最初に行われるのは、歯茎を切開して隠れている部分の汚れを除去する"フラップ手術"です。ただ、フラップ手術は進行を抑えるものなので、歯槽骨が溶けてしまった場合は、歯茎の奥にある歯周組織を再生する治療がプラスされます」(若林先生)

 

 

次ページで、歯周病治療の流れをご紹介します。

<前の記事

<前の記事
第6回/歯周病、実は全身病ってホント?…

次の記事>

次の記事>
第8回/歯周病を進行させない7つのポイント(前編)…

この連載の最新記事

歯周病をセルフケア!秀逸アイテム(後編)オーラルリンス等

第12回/歯周病をセルフケア!秀逸アイテム(後編)オーラルリンス等

歯周病をセルフケア!秀逸アイテム(前編)薬用歯磨き粉等

第11回/歯周病をセルフケア!秀逸アイテム(前編)薬用歯磨き粉等

本当に磨けてますか?基本の歯磨きレッスン

第10回/本当に磨けてますか?基本の歯磨きレッスン

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

Fenceinbostonスペシャル