甲状腺の大きさは5cm程度。自分の体のどこにあるか知っていますか?


更年期かな?と思っていた不調が、実は甲状腺ホルモンの病気の影響による可能性も。女性ホルモンのように表舞台には立たないけれど、24時間、生き生きと活動できるようにサポートし続けてくれるのが甲状腺ホルモン。多すぎても少なすぎても問題が起こる…という難しい側面があるそうです。今回は、甲状腺ホルモンの基礎知識について学んでいきます。

 

教えてくれた先生方

Taisuke Yamauchi

山内泰介さん

1956年生まれ。医療法人山内クリニック理事長。日本甲状腺学会認定専門医、日本外科学会外科専門医、内分泌外科専門医。「主治医が見つかる診療所」(テレビ東京)などメディア出演も多数。著書に『症例解説でよくわかる甲状腺の病気』『ボクは甲状腺』(ともに現代書林)。http://www.yamauchi-clinic.or.jp

 

 

Setsuko Nakamura
中村節子さん

1957年生まれ。筑波大学附属病院内分泌代謝内科勤務を経て日本糖尿病学会糖尿病専門医、日本内分泌学会内分泌代謝内科専門医に。2002年より対馬ルリ子氏の立ち上げた女性総合診療における内分泌代謝糖尿病内科を担当。現在、対馬ルリ子女性ライフクリニック銀座にて内科・内分泌内科外来を担当。http://w-wellness.com/ginza/

 

 

 

体も心も元気なのは
甲状腺ホルモンのおかげ

「甲状腺ホルモンは、全身に働きかけています。食べたものをエネルギーに変えるのも、思考を活発にするのも、体温を保つのも…みんな甲状腺ホルモンのおかげ。体も心も元気にしてくれる大切な物質なんですよ」

 

と優しく教えてくれるのは、甲状腺の専門医、山内クリニックの山内泰介先生です。この甲状腺ホルモンは分泌量がとても重要。多すぎれば必要以上に代謝が活発になって動悸や多汗などの症状が起き、少なすぎれば逆に寒がり、倦怠や感眠気などの症状が出てきます。もちろん、甲状腺が腫れたり、しこりができるといった見た目や感触の異常があればわかりやすいのですが、形は正常のこともあるので厄介。甲状腺に関連する病気は圧倒的に女性に多いので、原因がわからない症状は、甲状腺の病気も疑ってみるべきでしょう。

 

 

「女性診療に駆け込む人の中に、甲状腺ホルモンの病気はかなり多いです。若い女性ならバセドウ病も多いですが、40〜50代女性だとホルモンが少なすぎる甲状腺機能低下症が多い。更年期の女性はいろいろな不定愁訴を抱えているので、甲状腺ホルモンが原因だということに気づきにくいんです」

 

とは、女性診療にかかわりの深い内分泌科医の中村節子先生。外来を担当する対馬ルリ子女性ライフクリニック銀座では、積極的に甲状腺ホルモンの数値を調べてくれます。

 

 

 

甲状腺ホルモンのおもな働き

甲状腺ホルモンは体の隅々まで送り届けられ、脳や心臓などの臓器はもちろん、筋肉や骨などの代謝もサポート

 

思考を活発にする

新陳代謝を活発にする

心臓を力強く動かす

筋力を維持・強化する

脂質の代謝を促し、血中コレステロールを減らす

骨量を上げ、骨を強くする

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE


Fenceinbostonをもっと楽しみませんか?

Fenceinbostonはウェブサイトだけでなく、メールマガジンや、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

Fenceinboston メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
集英社 Fenceinboston 集英社 Our Age
Fenceinboston / Fenceinboston
Follow @myageourage
  • To Top