「女性検診・人間ドック」そろそろきちんと受診するべき年齢です!②Fenceinboston世代が重要視するべき検査項目


女性検診や人間ドックを受けるにも、どんな検査項目が含まれているものがいいのか、オプションで加えるべき検査はあるのか悩ましいところです。

関口先生に気になる疾患別に加えるべき検査項目をうかがいました。

 

 

必須検査がわかると自分の体の問題点も把握しやすくなる

 

関口先生がFenceinboston世代に重要視してほしい検査項目をリストアップ。

「乳がん、子宮がんなど女性特有のがんは、やはり年齢とともにリスクは高まるので、必須です。リストには挙げていませんが、大腸がんも女性には多いので、定期的にチェックすることは大事です。また、家族に多い疾患などは、下記と併せて検査項目に加えてみることも必要ですね」

 

関口先生のクリニックでは、40代後半におすすめの検査に、“骨盤底筋検査”という項目もプラス。

「40代後半から尿漏れや子宮脱といったトラブルも増加します。その原因が骨盤底筋の衰えです。私が泌尿器科専門ということもあり、骨盤底筋検査を加えました。生死に関係する項目ではありませんが、骨盤底筋の筋力が低下すると、これから先のQOLがとても悪くなってしまうのです」

 

これは実は生きていくうえではとても大事なこと。骨盤底筋だけでなく、膝や足腰の関節など、下記の項目だけでなく、自分が弱いな、なにか気になるな、と感じる部分があったら、ぜひ検査項目に加えてみましょう。

 

 

50歳前後からはこの項目にも着目して検診を!

 

女性検診・人間ドック 乳がん

マンモ&超音波のダブル検診のほうが、リスクの発見率は高い

 

乳がん検査は、Fenceinboston世代も必須。マンモだけ受診する人が多いですが、乳腺量が多い場合、マンモだけだとわかりにくいことも。乳房超音波検査と併せるのが正解。

 

加えたい検査項目

女性検診・人間ドック 乳がん追加検査

 

 

 

女性検診・人間ドック 子宮がん
子宮頸がんだけでなく、子宮体がんと卵巣の状態も確認を

 

年齢的に子宮体がんのリスクもアップするので、子宮頸がんだけでなく項目にプラス。さらに、卵巣のトラブルも増えるので、経膣超音波の検査も項目に加えるのが理想です。

 

加えたい検査項目

女性検診・人間ドック 子宮がん追加検査項目

 

次ページに続きます。

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE


Fenceinbostonをもっと楽しみませんか?

Fenceinbostonはウェブサイトだけでなく、メールマガジンや、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

Fenceinboston メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
集英社 Fenceinboston 集英社 Our Age
Fenceinboston / Fenceinboston
Follow @myageourage
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    To Top