更年期になったら心がけたいこと 前編/まずは婦人科に行ってみよう


更年期になったら心がけたいこと

 

更年期には、その人の弱いところに症状が出るといわれます。

どのようなトラブルが考えられるのか、どのように対処したらいいのか、

いざというときに慌てずに済むよう、あらかじめ基本的なことを知っておきましょう。

 

ここでは、更年期になったら心がけたい4つのことを2回に分けてご紹介します。今回は、1.まずは婦人科へ、2.治療法には何がある? についてです。

 

 

 

1 まずは 婦人科へ

あちこちに不調が起こる更年期。

ドクターショッピングを避けるためにも、まず婦人科へ相談に行きましょう。

 

 

逆流性食道炎になったり、消化不良を起こしたり、不眠や関節痛に見舞われた り…。女性ホルモンが低下すると、ホットフラッシュのような更年期症状以外に、「こんなことも?」と驚くような不調が起こるもの。これまでとは違う症状を感じたら、まずは婦人科で相談しましょう。ホルモンが原因なら、更年期の治療をす ればいいからです。

 

ただ、なかには更年期の症状だと思っ ていたら、別の病気だったということも。 自己判断せずに、医師の診察を受けることが大切です。また特に不調はなくても、 年に一度は「婦人科検診」を受けましょう。子宮や卵巣、乳がんチェックはもちろん、骨密度測定や甲状腺疾患、リウマチなどの検査もしておくと安心です。

 

 

次ページに続きます。

LINEで送る
第5回
更年期になったら心がけたいこと 前編/まずは婦人科に行ってみよう

Fenceinbostonをもっと楽しみませんか?

Fenceinbostonはウェブサイトだけでなく、メールマガジンや、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

Fenceinboston メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
集英社 Fenceinboston
Fenceinboston / Fenceinboston
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    To Top