「腟ケア」で、閉経後の人生が変わる!?②膣の乾燥度チェック

プロフィール写真

たつのゆりこさん

1960年生まれ。Be born助産院・産後養生院院長。助産師・鍼灸師・看護師の資格と幅広い業務経験、東洋医学やアーユルヴェーダの知識を生かし、お産の介助、出産前後のケアから更年期の対処法にいたるまで、女性の健康に貢献

「潤いのある腟の持ち主は、顔にもハリと弾力があります」と助産師のたつのゆりこさん。日本人女性向けオイルケアを提唱する彼女に、今回は現代女性が陥るドライ地獄や膣の乾燥度チェックを教えていただきました。

 

 

不規則な生活はストレスとなり体を冷やし、偏った食生活も血流に悪影響を与え、筋力を低下させます。その結果、尿もれや便秘などを引き起こし、それが生活を乱し、ストレスを呼ぶという悪循環に。脱出法は規則正しい生活習慣を取り戻すこと

 

YESが0~2

初期段階です。このまま放っておくと乾燥が進みます

YESが3~6

中程度のドライ症状。オイルケア入浴など、取り入れやすいケアから始めましょう

YESが7~10

重度のドライ症状。今すぐ膣ケアを始めることをおすすめします

 

具体的な膣ケアの方法は、この連載の「膣ケア」編でご紹介します。

 

 

次回は、顔の乾燥やシワのケアだけでなく、膣の乾燥ケアも重要だというお話です。

 

 

撮影/矢部ひとみ〈たつのさん〉 イラスト/内藤しなこ 取材・原文/佐野美穂

 

LINEで送る
第25回
「腟ケア」で、閉経後の人生が変わる!?②膣の乾燥度チェック

Fenceinbostonをもっと楽しみませんか?

Fenceinbostonはウェブサイトだけでなく、メールマガジンや、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

Fenceinboston メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
集英社 Fenceinboston
Fenceinboston / Fenceinboston
  • To Top