横森理香の『コーネンキなんてこわくない』「世界遺産・平泉へ!!②中尊寺で写経の巻」

昼食後、大本山行脚が始まった。

 

まずは目玉の金色堂。

 

金色堂。後ろに見えるお堂に格納されていて、それはもうまばゆいばかり✨ 撮影不可なので、目に焼き付けたく・・・一度見たけれど、また戻ってじっくり味わいました。

 

 

奥州藤原氏百年の栄華を物語る。

 

堂全体が金箔で覆われた、まさに極楽浄土を現世に表したお堂だ。南洋から渡って来た螺鈿細工が施され、梁に至るまで眩いばかりの装飾。縁には象牙も使われ、漆細工や精巧な彫金も含め、平安仏教美術の最高峰と言われている。

 

平泉は砂金が採れ、水が豊富だったから栄えたという。それだけでなく、風光明媚なこの土地に、藤原氏が住み着いたのも、行って見て分かった。ここにいるだけで癒される、まさに極楽浄土なのである。

 

金色堂すぐにある経蔵。光までキラキラ✨

 

金色堂から色々なご利益の様々なお寺を回り、御祈願とお守りを購入。

 

 

白山神社では夏越しの祓い、茅の輪くぐりも。

 

白山神社の能舞台。

 

 

特にコーネンキ世代に危惧される「目」のお寺さんでは、絵馬を購入、御祈願した。

 

私の飛蚊症がこれ以上悪くなりませんようにと。マジで祈った。

 

薬師堂では「め」の健康を祈願。

 

家族や友達にも、「ペット守り」や「商売繁盛」、「健康祈願」、それぞれお土産に買い、代わりに祈った。

 

 

 

これはまさに、ジュリアロバーツの映画じゃないけど、「Sutras,Eat,Pray 写して、食べて、祈って」。

 

インドまでいかずとも、平泉で一冊書けるなw

 

 

たっぷり写経という修行を終え、たっぷり食べ、たっぷり祈って満足げな後ろ姿。参道である月見坂、下りは足取りも軽い・・・(^^♪

 

スマホのヘルスチェックを見ると、この日、11719歩。久々の一万歩ウォークだ。

 

「足が棒~。なんかマメできてる感じするぅ」

 

メソメソする私に、

 

「マジで? やばいよホント、普段からもっと歩かないとさ。足腰弱っちゃうよ」

 

と、激を飛ばす編集者Kであった。

 

 

 

帰りのバスを待つ間、「The BREWERS HIRAIZUMI」で地ビール✨。修行のあとのビールはうまい♡

 

 

 

・・・次回は、平泉の旅で感じた、見た、食べたあれこれをご紹介!!・・・

 

★横森理香の更年期チャレンジ! 『 コーネンキなんてこわくない』は単行本、電子書籍で好評発売中!!
お近くの書店、WEB書店(、、など)でお求めください。
ちら読み、本の内容、詳しくはこちらをごらんください★

横森本カバーおびあり

作家・横森理香が更年期の不調解決のため、空中ヨガ、イケメン太極拳、コルギ、観光ウォーキング、グルテンフリーなどに次々チャレンジ。読むだけで気持ちが前向きになる一冊です。

(集英社 定価 本体¥1,400+税)

この記事をシェア!

LINE

この記事をシェア!

LINE
第20回
横森理香の『コーネンキなんてこわくない』「世界遺産・平泉へ!!②中尊寺で写経の巻」


Fenceinbostonをもっと楽しみませんか?

Fenceinbostonはウェブサイトだけでなく、メールマガジンや、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

Fenceinboston メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
集英社 Fenceinboston
Fenceinboston / Fenceinboston
  • To Top
    http://luxpom.com/pomeranskij-shpits

    luxpom.com

    https://luxpom.com/oranzh