カブの種はミレー蒔き

プロフィール写真

1973年1月30日、三重県鈴鹿市生まれ。

92年に歌手としてデビュー。幅広いメディアで大活躍するさなか、2000年より芸能界を休業し、パリへ語学留学。2002年に帰国し、芸能活動を再開。以降、テレビ、ラジオ、エッセイ執筆など多方面で活躍。2013年にTOKYO No.1 SOUL SETの川辺ヒロシ氏と結婚。

現在、東海テレビ『スイッチ!』(水曜9時50分~11時15分)、NHK-FM『トーキング ウィズ 松尾堂』(日曜12時15分~14時)にレギュラー出演中。

先日、ミレーの『落ち穂拾い』で描かれている女性のように、体をグっと折り曲げてカブの種まきのお手伝いをしました。

 

翌朝ベットから降りるとき、椅子から立ち上がるとき、いやそこから今日に至るまでの3日間、何をするにも内腿がビキビキに痛く、北斗の拳のように「アタタタタ」と小さな声が漏れております。

 

声が聞こえない絵画だけど、実は「この姿勢キツイっ!」なんて、落ち穂拾いをされていたあのモデルの方々も翌日、筋肉痛になったんじゃないかなあ??

 

たったこの1列に種を蒔いただけで筋肉痛になるなんて・・・。

 

かがんで蒔くよりミレー蒔き(勝手に名付けてます)の方が効率がいいかと思ったけど、結果、答えは出ず。

そろそろ快適種まきスタイルが見つかりますよう。

 

9月頭、畑では不思議な場所にコリアンダーが育っていました。

7月の終わりくらいに、花を咲かせたのちに枯れて細い枝となったのを見届けて撤収したのに、なぜに秋の始まり、種まきもしてないのに育ったのだろう・・と考えたら、

お別れ間際、風に揺られた種が「ここでまたお会いしましょう」と手を振って土の中に収まり、再び出る時を待っててくれていたようです!

これはその時のコリアンダーの種を収穫し保存したもの。

 

なぜならコリアンダーシードはカレー作りの香りづけ作業において、なかなか美味しい仕事をすると学び、『捨ててはならぬ!』とこのように。

種から葉から根っこまで、捨てるところがない優れものハーブさん。

 

LINEで送る

Fenceinbostonをもっと楽しみませんか?

Fenceinbostonはウェブサイトだけでなく、メールマガジンや、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

Fenceinboston メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
集英社 Fenceinboston
Fenceinboston / Fenceinboston
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    To Top
    http://profvest.com/2018/09/autopays-hyip-otzivi-obzor.html

    profvest.com

    profvest.com