雪に泣き、雪で学ぶ

プロフィール写真

1973年1月30日、三重県鈴鹿市生まれ。

92年に歌手としてデビュー。幅広いメディアで大活躍するさなか、2000年より芸能界を休業し、パリへ語学留学。2002年に帰国し、芸能活動を再開。以降、テレビ、ラジオ、エッセイ執筆など多方面で活躍。2013年にTOKYO No.1 SOUL SETの川辺ヒロシ氏と結婚。

現在、東海テレビ『スイッチ!』(水曜9時50分~11時15分)、NHK-FM『トーキング ウィズ 松尾堂』(日曜12時15分~14時)にレギュラー出演中。

「大寒が来たってことは、寒さがより厳しくなるのか・・」と、カレンダーを見て覚悟した二日後、東京は4年ぶりと言われる大雪に見舞われました。
「ちょっと外の様子を見てみよう!」
心配そうな声で言ってみるものの、普段あまり雪と縁のない暮らしでは、ちょっと楽しい要素が加わりがちで

わざわざ近所のコーヒーショップに出かけてしまうのでありました。

 

一方で「畑の野菜は大丈夫かな?」との心配も。
過去にも何度か、予期せぬ雪に泣いた記憶があり、ドキドキしながら雪の日から三日後、畑へ向かいました。

 

「めちゃくちゃいい天気だし、溶けちゃってるかもね」
畑メイトKさんと、電車の中でこんな会話をしたことを反省するほど、畑に広がる景色は・・・

ガーン・・・絶賛雪残ってる中。
雪に濡れた人参の葉(手前)、
パンチをもらいすぎてうなだれるボクサーのようになってしまった春菊(中央)、
遠い向こうの・・白菜の奥には・・・確か・・・玉ねぎの苗が・・・(白いトンネルネットの先)。

道具を使って払うと、うっかり苗ごと持って行きかねないので

「この辺かな? どかしますよ」

二重にはめた手袋で確認しながら除雪します。

雪布団に負けることなく顔を出した玉ねぎの苗の先は、ピーンと復活してくれた・・ような・・・。
雪を除くが先か、つま先がジンジンするのが先か・・無事に収穫まで育ってください! 改めて願います。

 

心配していた春菊は予想通りお別れの様子となっていたものの、ブロッコリーは雪の重さで折れることもなく、周りの葉で包んで霜よけしていたカリフラワーも、なんとか無事に。

「それでもね、雪が降って助かることもあるんだよ。害虫が寒さに負けていなくなるから、薬とか必要ないまま育てられるんだよねー」と畑の母様。
自然農法の強さと弱さ、それぞれにうまく利用し対応する野菜作りは、奥が深く勉強になることばかり。
嘆くより学べ! 雪が残る畑の中でありがたい一言をいただきました。

 

加藤紀子

公式ブログ 「加藤によだれ」 

Web連載 「加藤紀子@山形」 

「加藤紀子のエスプリ カフェ プラス」 

フリーペーパー 「月刊てりとりぃ」 でも連載中

LINEで送る

Fenceinbostonをもっと楽しみませんか?

Fenceinbostonはウェブサイトだけでなく、メールマガジンや、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

Fenceinboston メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
集英社 Fenceinboston
Fenceinboston / Fenceinboston
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    To Top