Fenceinboston

全力応援! 40〜50代の美とからだ

Fenceinboston

全力応援! 40〜50代の美とからだ

忙しくなる苗を植えました!

加藤紀子

加藤紀子

1973年1月30日、三重県鈴鹿市生まれ。

92年に歌手としてデビュー。幅広いメディアで大活躍するさなか、2000年より芸能界を休業し、パリへ語学留学。2002年に帰国し、芸能活動を再開。以降、テレビ、ラジオ、エッセイ執筆など多方面で活躍。2013年にTOKYO No.1 SOUL SETの川辺ヒロシ氏と結婚。

現在、NHK-FM『トーキング ウィズ 松尾堂』(日曜12時15分~13 時55分)、T-FM 『Renault Sunday voyage』日曜13時55分14時)、ベイネット コミュニティチャンネル(地上11ch:視聴エリアは江東区、中央区)『加藤紀子のぶらり下町のみある記』(毎月最終金曜23時~23時30分・再放送:金曜23時~23時30分)にレギュラー出演中。

記事一覧を見る

覚悟を決めるというか、気持ちを引き締めるというか、気合いを入れるというか。

土の上に立ち「では始めますか」そんな風に姿勢を正すというか。

前回「夏野菜に向けての第一歩」として、枝豆やトウモロコシの苗を植えたことを書きましたが、これらの野菜は一つの苗につく実の個数がある程度予想出来て、ゆっくり育っていく行程をほのぼの眺めながら楽しめるのに対し(過去の経験上、枝豆はひと枝に鈴のような束でひと房、トウモロコシは二、三個の記憶)

上の写真の苗たちは、育ち始めたら・・・実をつけ始めたら・・・

トマらないぜ! キュウに行くぜ! 収穫をナスむ(休む)暇ないぜ! 畑に来ないとオクラ(怒る)ぜ! ワーキングピーマン(ウーマン)って呼ばせちゃうぜ!

・・・興奮してしまいました。

 

そんなわけで本格的な夏野菜の苗、植えます!!

トマト、ナス、キュウリ、オクラの苗をポットから外し、マルチ(黒のシート)に穴を開けて植え替えたら、もう後戻りは出来ない!

 

成長過程でツルがうまく伸びるよう支柱をしたり誘引したり、太陽が当たるように、もしくは当たりすぎないよう、栄養が無駄に分散しないように必要なケアをして、うまく花が咲いた! 実がついて嬉しい! と無事に喜べたら、その先にあるのは待ったなしの夏の収穫祭!!

 

トマトはツタをグングン伸ばして実を付け、キュウリは目を離した隙に伸びた!と思うほどの速さで成長し、ナスはヘタ周りのトゲをギンギンに尖らせイケイケボディに(ちなみにナスとオクラはトゲが当たったり刺さったりするので慎重に収穫します)と、なってくれますよう。

「ロケがあるから」「ライブに行きたいし」「眠いし起きたくないなあ」

こんな言い訳が一切通用しないのが夏野菜の成長。

 

だからこそ、苗を手にした瞬間、改めて気合を胸にしっかり。

「野菜を育てると決めた責任もあります!」なんて言えばかっこいいけど、汗をかいた後、この野菜達をかみしめた瞬間の喜び! 心と口が満たされる瞬間は、何事にも代えがたく!

 

嬉しい忙しさ、これより楽しみまーす!!

 

加藤紀子

公式ブログ 「加藤によだれ」 https://ameblo.jp/katonoriko/

Web連載 「加藤紀子@山形」 http://www.okaze-gatta.jp/essay

「加藤紀子のエスプリ カフェ プラス」 http://www.ellebeau.com/electore-journal/n_kato/

フリーペーパー 「月刊てりとりぃ」 でも連載中

<前の記事

<前の記事
第16回/春の収穫、夏に向けての第一歩…

次の記事>

次の記事>
第18回/畑で受け取る花便り…

この連載の最新記事

秋の始まり、ナス三昧

第36回/秋の始まり、ナス三昧

忘れない令和初の夏

第35回/忘れない令和初の夏

夏の畑、野菜とともに待っているのは・・・

第34回/夏の畑、野菜とともに待っているのは・・・

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

Fenceinbostonスペシャル

baden-medservice.ru

http://profvest.com/2014/06/alpari-otzivi-i-pamm-scheta.html

http://profvest.com