野菜作りは草むしりから

プロフィール写真

1973年1月30日、三重県鈴鹿市生まれ。

92年に歌手としてデビュー。幅広いメディアで大活躍するさなか、2000年より芸能界を休業し、パリへ語学留学。2002年に帰国し、芸能活動を再開。以降、テレビ、ラジオ、エッセイ執筆など多方面で活躍。2013年にTOKYO No.1 SOUL SETの川辺ヒロシ氏と結婚。

現在、東海テレビ(水曜9時50分~11時15分)、NHK-FM(日曜12時15分~13 時55分)、T-FM 日曜13時55分14時)、ベイネット コミュニティチャンネル(地上11ch:視聴エリアは江東区、中央区)『加藤紀子のぶらり下町のみある記』(毎月最終金曜23時~23時30分・再放送:金曜23時~23時30分)にレギュラー出演中。

「畑は今、何が採れるの?」

野菜作りをしているというと、大抵の人がこう訊いてくれます(ほぼ100%と言っても過言ではない)。

「今の季節野菜は?」「買わずにすむからいいねー!」「仕事する暇あるの?」「ベランダで育てられる野菜って何?」「いい趣味見つけたねー!」「私もやってみたい!」

こんな風に様々な言葉が返ってくるのですが、その中で誰一人として、一度として

『草むしり、大変じゃない?』

そこに気づく人がいない不思議!!

 

“草むしり”なんて、なかなかメインテーマになりにくいワードですが、元気な野菜を育てるために欠かせない、忘れてはならない、マストな作業なんです!

「可憐なあなたのお名前は?」

なんておしゃべりしたいけど、そこに・・・種蒔きしたいんです・・・よ。

スベリヒユ、ドデーン。

山形県では”ひょう”と呼ばれ、お食事の時にお浸しとして頂いたこともありましたが、畑で「美味しそう・・」なんて思ったことはなく。

クワを使って土をほぐし、黙々と抜いていきます。

 

でもおよそ2週間で・・・

髪の毛が伸びるスピードよりも早く、ソワソワと元ある場所へ、もしくは抜かれた瞬間に種を撒き散らし、新たな場所で草ポジションを確保します。

「こないだ抜いたばっかりなのにぃぃぃっ!」心からの叫びが草業界へ届く日が来るのでしょうか。

 

とはいえ、生えた草をそのままにして野菜を育てる農法があると聞いたことがあったり、実は草取りをすることで逆に雑草を発芽させると雑草生態学、農学博士の稲垣栄洋先生のご著書の中で解説されているのを読むと、もしかしたら畑の土、草、野菜は(その中にいる小さな虫たちも)全体で持ちつ持たれつの関係なのかもしれないな・・と気づかされたりしつつも、

やっぱり草のない足元は、掃除機をかけた後のような清々しさがあってとっても気持ちよく、その後の種蒔きや収穫は心も畑も整って穏やかな時間。

除草剤の力を借りれば簡単で楽だと思う反面、無農薬とこだわるならばこれも野菜作りの中の大切な作業となるのでした。

そんな畑では初めてトライした谷中生姜がいよいよ収穫期を迎えました!

抜いた瞬間、生姜独特のあの香りが鼻先に!

味噌つけて食べて良し、甘酢漬けにして食べても良し。

これがご褒美・・これぞご褒美!!

 

いよいよ秋から冬に向けて、新たな野菜作りで忙しくなりそうです!

 

加藤紀子

公式ブログ 「加藤によだれ」 

「加藤紀子のエスプリ カフェ プラス」 

この記事をシェア!

LINE

この記事をシェア!

LINE


Fenceinbostonをもっと楽しみませんか?

Fenceinbostonはウェブサイトだけでなく、メールマガジンや、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

Fenceinboston メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
集英社 Fenceinboston
Fenceinboston / Fenceinboston
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    To Top