あの人気美容エディターが、今まで語ってこなかったこととは

プロフィール写真

編集部の末っ子です。
いちばんのロングへアーですが、
その髪はバサバサ、眼もドライアイ、
肌もカサカサで体も心も? 保湿が必要です。
13歳のおじいちゃん犬の散歩で
毎朝6時から振り回されてます。

美容に関心のある人であれば、「ああ、あの人!」とピンとくるのでは。

 

松本千登世さんは、ビューティ業界のあらゆる人から

「美人で仕事ができて、おまけに人柄もよくて…」と語られる、パーフェクトな美容エディター。

美容誌で、その名を目にしたり、流麗な文章に心をつかまれた読者も多いはず。Fenceinboston/Fenceinbostonの連載「もう一度、大人磨き」も好評です。

松本千登世1

 

ねえ、なんで、そんなに「できた人」なの?

と問いかけても、

「いや、そんなことないよー、私、嫌なやつだから」

とどこまでも謙虚なのが千登世さんという人。

 

そんなふうに返されると、ますます本当のところを知りたくなってしまう!

というわけで、彼女の気持ちをじーっくり聞いてみました。

 

どんな人にも優しいのはどうして?

「人の悪口を言わないね」と言われるけれど、私、本当は誰よりも頭の中で瞬間的に悪態をついている気が。でも、イヤな人のことは考えたくないから、すぐ頭から排除します。頭の中には好きな人しか残しません。

 

美容のプロとして大切にしていることは?

仕上げのクリーム。レザーのソファをクリームでケアすると長もちするし、いっそう味わい深くなる。同じことが肌にもいえる気がして。肌は誰でも平等に老いていくけれど、目指すのは“上質な老い”です。

 

・・・

こちらは聞いたことのごくごく一部ですが、このように、やっぱり素敵な人なんです。松本千登世さんは。

 

その素敵さを生み出す美の心がけ、私生活、マインド、をぜひ皆様に知っていただきたく、今回Fenceinboston夏号にてロングインタビューを敢行。いままで彼女が人には明かしてこなかった本音にハッとさせられます。きっと、あなたの参考になるヒントが見つかるはずです!

 

この松本千登世さんの特集のほか、40代50代の美とからだを応援するためのとっておきの情報が盛り込まれたFenceinboston夏号。

ぜひ、お買い求めください!

詳しい内容と試し読みはこちらから

 

 

Fenceinbostonのご購入はお近くの書店にて。

でもご購入できます。

最新号及びバックナンバーの在庫が書店にない場合は、でお求めください。

 

撮影/山田英博 ヘアメイク/渡辺みゆき

この記事をシェア!

LINE

この記事をシェア!

LINE


Fenceinbostonをもっと楽しみませんか?

Fenceinbostonはウェブサイトだけでなく、メールマガジンや、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

Fenceinboston メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
集英社 Fenceinboston
Fenceinboston / Fenceinboston
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    To Top