三条通の古い洋館ビルにオープンしたカトラリー専門店 「京都匙亀」

プロフィール写真

「京都観光おもてなし大使」&旅ライター
アナウンサー、テレビ番組プロデューサーなどを経て、集英社「エクラ」などのライターに。
2011年より京都に在住。
京都など、日本の文化・観光情報を伝える
人気ブログ「ネコのミモロのJAPAN TRAVEL」を
毎日更新中

明治、大正期の歴史的建築物が、ハイカラの時代の京都を物語る三条通。その一つが、烏丸通から少し西に進むと大正9年に建てられた木造の洋館「文椿ビルヂング」が見えてきます。貿易会社の社屋として建設された、当時とてもモダンなビル。戦後間もなくはGHQの文化施設となったことも。それからさまざまな会社の社屋を経て、2004年にファッションやコスメ、雑貨などのショップが入る商業施設になりました。

その1階奥に今年オープンしたのが、日本では珍しいカトラリー専門店「京都匙亀(さじかめ)」です。

木製の扉、窓枠…まるでヨーロッパのショップに来たような感じで、洋館とカトラリーの組み合わせがとても自然なのです。

 

実は、このお店は、京都南区に本社を構える雑貨・キッチン用品の企画、制作および店舗運営をする会社のショップなのです。現代のライフスタイルにマッチする道具は、「食」を通じ、より楽しい暮らしへと誘う大切なツールと考えている社長の林田征之さん。

 

店内には、林田さんがセレクトした国内のメーカーや作家さんのさまざまなカトラリーが、ひとつひとつ手にとってその感触を実感できるように棚に並んでいます。その種類だけでも50を超え、さらにそのシリーズの中に、用途やサイズの異なるフォークやスプーンなどがズラリ。その洗練されたフォルムやモダンなデザインは、家にある30年前から使っているものとは、大きく異なり、ライフスタイルの変化を痛感します。

店にはフルセットで揃うカトラリーのシリーズも多く、それらは主にレストランやカフェなどのオーナーさんが求めるそう。プロの方々の間でも評判のお店なのです。

 

 

次ページに続きます。

この記事をシェア!

Pinterest LINE

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方

この記事をシェア!

Pinterest LINE
第48回
三条通の古い洋館ビルにオープンしたカトラリー専門店 「京都匙亀」

  • To Top