ひとり旅で困ることQ&A。私の経験談もまじえてお答えします!

プロフィール写真

トラベルジャーナリスト。旅歴25年。訪れた国は80ヶ国ほど。女性誌、旅行サイト、新聞、週刊誌などで執筆。独自の視点とトレンドを考えた斬新な切り口には定評あり。日本の観光活性化にも尽力。山口県観光審議委員、青森県の観光戦略アドバイザーなどを務める。著書に「ホテルブランド物語」(角川書店)」、「泣くために旅に出よう」(実業之日本社)、「フランスの美しい村を歩く」(東海教育研究所)など。◆個人サイト 「」

 

こんにちは。Fenceinboston編集部のすけやんです。

「ひとり旅」に役立つ話題をまとめてお届けしている本連載。

せっかくの機会なので、ひとり旅のハードルがあがってしまいがちな不安や素朴な疑問を、旅のプロである寺田さんにぶつけてみました!

知人、友人にリサーチしたところ、いろいろな質問があがってきたので、なかでも多かった項目をリストアップ。

旅慣れた寺田さんならではの実感こもったお答え、必読ですよ!

 

・・・・・・・・・・・・

 

Q 
とにかく心配なのが「食事」のことです。
レストランに行っても、浮かないか心配。楽しめないのではないかと不安になります。

 

 

A

おひとり海外で最も困るのが、そう食事。特に夜ごはん。「ひとりで食事をするのに困るんです」という悩みもよく聞きます。

 

結論から言いますと、時間をもてあますことなく食事を楽しみたいなら、ある程度、高級なレストランへ行くことです。

 

 

「逆に気後れするし、レストランにも迷惑なのでは」と思うかもしれませんが、それこそ一流の店であれば接客も一流。

 

フレンチバスクのミシュラン一つ星のレストランでは眺めのいい、けれどあまり目立たないテーブルを用意してくれました。

 

また、パリを代表する名店「ル・サンク」では料理を待つ間に読むための雑誌や写真集などを持ってきてくれたほか、スタッフがタイミングを見ながらフレンドリーに話しかけてくれました。

 

予約は事前に入れること。「1人でいいですか?」と聞くのも忘れずに。

 

そしてせっかくですからドレスコードに忠実に。お気に入りのリトルブラックドレスを選んでください。お召しがご自分でできるのであればぜひ和装も。レストランスタッフも喜んでステキな日本人マダムへのサービスをするはずです。

 

また、レストランによってはカウンターがあり、そこでキッチンを見ながら食べるのもおひとりごはんの王道。ときにはおひとり同士が隣り合い、会話を楽しむこともできます。

 

 

Q 
特に欧米方面へ行くと、お皿のボリュームが多くてどうしても完食できないことが多いのです。
残すことに気が引けてしまいます。

 

A

最近はレストランもフードロスを少なくしようという動きがあるので、「量を少なめに」という客のリクエストにも応えるところが増えています。

 

私がよくお願いするのは「メインを前菜サイズにしてもらう」、あるいは前菜+前菜というオーダースタイル。

 

前菜の中にもお魚やお肉を使ったものがあるし、ポーション感もちょうどいい。

 

 

唯一、考えるのはあまり安いものの組み合わせにはしないということ。チップで稼いでいるテーブル担当者に気持ちよくサービスしてもらうためにも、あくまでもコースという設定でチョイスするのがスマートです。

 

また、ロンドン、ニューヨークの劇場街周辺のレストランが早い時間帯(通常17~19時前後)だけに提供するのがプレシアターディナー。文字通り観劇する人たちが小腹を満たすためのシンプルメニュー。前菜+メインの2コースかデザートが付いた3コースでポーションも軽めで料金もお得。ササッと食べて劇場に向かうおひとりさまも多く、またミシュランの星を持った一流レストランでも提供していることが多く、それも人気。もちろん観劇しなくても誰でも利用できます。

 

 

次のページでは、食事の疑問の他、「身を守る」ことについての質問も。

この記事をシェア!

LINE

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方

この記事をシェア!

LINE

  • To Top