初春大歌舞伎 高麗屋三代目襲名公演

プロフィール写真

カラー&イメージコンサルタントとしてセミナー活動や自宅サロンで活躍中。夫と息子三人と愛犬2匹の家族。フラワーアレンジメント、アロマテラピーの資格も持つ。ファション、ミュージカル、映画、オペラ、コンサート、舞台、テニス、スキー、旅行と多趣味。

1月2日に、37年ぶりに行なわれた高麗屋三代襲名。いよいよ歌舞伎座で幕を明けました。


歌舞伎座百三十年の記念すべき年となり、その歌舞伎座で「二代目松本白鸚、十代目松本幸四郎、八代目市川染五郎襲名披露」が行なわれました。

 

襲名披露狂言となる「菅原伝授手習鑑 車引・寺子屋」
そして「勧進帳」が3種類の特別ポスターとして昨年末25日から劇場で、東京メトロの駅で貼り出されました。このポスターは表参道駅で見つけました。


昨年から話題になっていたこの高麗屋三代襲名の初春歌舞伎のチケットを購入しました。
大好きな歌舞伎、そして2代目松本白鸚さんの大ファンで先日は松本幸四郎さんとしてご出演された「アマデウス」を9月に東京サンシャイン劇場で観て感動しました。力強い台詞に若々しいエネルギーが溢れていて全く年齢を感じられませんでした。

天才音楽家ヴォルフガング・アマデウス・モーツアルト・サリエーリ役を熱演されました。開幕に際して「幸四郎を襲名して初めての現代劇『アマデウス』が、35年経て同じサンシャイン劇場で幸四郎として最後の『アマデウス』の初日を迎えられますこと、本当に感無量の思いです。・・・」と思いを明かされました。東京公演中に450回の上演回数を越えました。

 

12月27日にはAMADEUSで2017年度文化庁芸術祭受賞をされました。
2015年度のラ・マンチャの男に続き2度目の大賞受賞
現代劇も歌舞伎両方ともにご活躍されるのは素晴しいことだと思います。憧れの俳優さんです。

 

 

十代目幸四郎として歌舞伎座に最初の一歩を刻むのは『車引』の松王丸、様式美あふれる一幕に登場。

続く『寺子屋』には、幸四郎として幾度となく演じて来た松王丸を、二代目白鸚として初めて勤めました。
心理劇として歌舞伎芝居の面白さ、奥深さを伝えて余りある濃厚な舞台を楽しみました。

夜の部の「勧進帳」は、十代目幸四郎の弁慶に、八代目染五郎の義経。高麗屋ゆかりの弁慶は、新幸四郎にとって幼い頃からの憧れの役。弁慶に守られる義経は、父の名を受け継ぐ新染五郎。大きな役への挑戦で、襲名を披露しました。

 

次に続きます。

この記事をシェア!

LINE

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方

この記事をシェア!

LINE

  • To Top
    https://pillsbank.org

    contact.meta.ua

    work.ua