この時期ならではの 牡蠣食べ放題を堪能☆くいしんぼう欲張り伊勢日帰り旅

車グループの2台にそれぞれ便乗し、一路、鳥羽にある、久保田水産へ。
ここはとにかく予約必須!
おまけに1月の予約は12月1日の朝9時からの電話予約のみ。
毎年、皆様、こぞって予約電話をするので、人気アーティストのコンサートチケット予約並みの混戦。
友人グループの人海戦術(?)で今年もちゃんと予約をしていただき、牡蠣食べ放題に来ることができました〜!心から感謝です!

ここでは食堂の外で、蒸しガキ、焼きガキを漁師さんが焼いてくれていて、それをセルフサービスでもらって来て、食堂の中で食べる、というスタイル。
牡蠣につけるタレやトッピング、飲み物は持ち込み自由。
毎年、牡蠣食べ放題に来ている友人たちは、それぞれ、大根おろしやポン酢、秘策のタレ(今年は柚子胡椒や、辛子味噌マヨ、パクチーダレ!なども)
ワインやビール、日本酒も持ち込んで、食べる食べる、飲む!
牡蠣フライだけはテーブルに一人5個ずつ運んでくれます。そのほかにも牡蠣ご飯、牡蠣のお味噌汁、お漬物などもあり、それらはセルフサービスでおかわり自由。

みんな、信じられないくらいの量の牡蠣をどんどん食べるので、殻を入れるバケツが満杯に。飲んで食べて、笑って、最高のひと時を過ごしました。

帰りの近鉄特急の中で全員爆睡したのはいうまでもありません・・・。

 

今年も最高に素敵なお出かけを満喫しよう!と心もお腹も幸せ満タンな
初お出かけになりました。

 

かのん

 

*久保田水産
http://uramurakaki.com/

 

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

Facebookおでかけ女史組更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE


  • To Top
    https://eoliaseeds.com.ua/delivery

    ситроен jumpy

    代理出産