ファッションと芸術の都ミラノを散策 〜「最後の晩餐」に感動しました

プロフィール写真

カラー&イメージコンサルタントとしてセミナー活動や自宅サロンで活躍中。夫と息子三人と愛犬2匹の家族。フラワーアレンジメント、アロマテラピーの資格も持つ。ファション、ミュージカル、映画、オペラ、コンサート、舞台、テニス、スキー、旅行と多趣味。

前回ヴェネツィアの旅をご紹介しましたが
ミラノはやはりお洒落で素敵な街でした。
ミラノのシンボルであるドウオーモ。イタリアで最大のゴシック建築教会。

ミラノ公国の領主だったジャン・ガレッアツオ・ヴィスコンティ飲命により、聖母マリアに捧げるために建設されました。
500年の年月を経て1887年に完成しました。

内部には堂々とした柱があり大きなアーチが幾十にも重なって厳かな雰囲気です。

人気なので教会に入るのに並びます。内部見学をするのには入り口でセキュリティチェックとノースリーブ、ミニスカートなどは入場不可です。丁度ミサが行なわれていてとても荘厳で素敵でした。
屋上テラスに上がるのにまた並びました。
天にそびえる135本の尖塔と柱や壁を飾っている表情の異なる3500体の彫像があります。

中央の尖塔の中央に祀られている「黄金のマリア(マンドニーナ)市民にとって象徴的な存在の愛の女神で、この像ミラノ再訪を祈るという言い伝えたえがあります。
もちろん私も祈りました。

屋上はお天気で見晴らしがとてもよく並んだ甲斐がありました。
マンドニーナの尖塔がより近く見える場所。アラン・ドロン主演映画「若者のすべて」のワンシーンにも登場しました。

そこからガレリア・ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世
〜ドウオーモ広場からスカラ座に抜けるショッピングアーケードです。
鉄の枠組みとガラスドーム屋根、精緻な装飾、床のモザイク画の素晴しさに感動しました。

一流ブランドや歴史ある高級カフェが並ぶウ様子から「ミラノの応接間」とも呼ばれています。
歩いているだけでもウキウキします。
丁度9頭身の素敵なモデルさんが歩いて撮影していました。
時にはファッションショーが開かれるそうです。
観てみたいです。

これがプラダ本店です。

アーケード内ノ交差点部分にある雄牛のモザイク
この雄牛の局部に片足の踵を乗せて3回廻ると願いが叶うというジンクスを紹介したテレビを観てやってみました。
踵を乗せる部分は完全に窪んだ状態でした。

中央のフレスコ画も有名で、ミラノから見た東西南北、アメリカ、アジア、アフリカ、北ヨーロッパが描かれています。

 

大好きなオペラ(前回のブログ)でフェニーチェ歌劇場を紹介しましたが憧れのミラノスカラ座(1778年建立)、夏休みで公演が行なわれていなくて残念でした。スカラ座のシーズンは伝統的に12月7日の聖アンブロジウスの日(ミラノの守護聖人)から始まります。この日の上演はすぐ近くのガレリア内のモニターを通じて生中継されるそうです。思いっきりお洒落したセレブリティを想像するとワクワクします。次回は日本から予約してオペラを見たいと思います。

 

次のページに続きます。

この記事をシェア!

Pinterest LINE

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方

この記事をシェア!

Pinterest LINE

  • To Top
    www.shopvashtextil.com.ua

    www.shopvashtextil.com.ua/catalog/index/59-komplekty-postelnogo-belya/0/69

    https://shopvashtextil.com.ua/catalog/index/73-pokryvala-u-pledy/0/74