お気に入りお散歩コース【増上寺】に行ってまいりました

プロフィール写真

洋の東西を問わず、「ストーリーのあるモノ」に魅かれます。〈歴史あるもの〉〈流行りもの〉双方ともに好き。皆様に幸せ訪れる様なお出かけを、東京中心にお伝えしてまいります。

「東京タワーと増上寺」は、「東京タワーと愛宕神社」の

別バージョンとでも申しましょうか。

心身ともに凛とする大好きなお散歩コースのひとつです。

「増上寺の後ろに東京タワー」の光景は、

遊びにいらっしゃる方にとっても、

住まっている方にとっても、

東京の象徴のひとつではないでしょうか。

 

 

江戸の都市整備には、風水が取り入れられたと言われています。

江戸城の裏鬼門に設置されたのが【増上寺】。

ちなみに鬼門には、寛永寺が置かれています。

 

 

「大門から三解脱門(国指定文化財)まで108間。

そこより本堂まで48間。

108の煩悩を乗り越え、四十八願の阿弥陀様に繋がる」

という意味があるそうです。

大門から本堂に向かってまっすぐの道。

歩みを進める度に、清々しい気持ちが広がってゆきます。

まずは、荘厳な「本堂」にお参りします。

続いて、本堂向かって右隣の「安国殿」にお参りします。

安国殿の黒本尊様は、徳川家のみならず、

現在も多くの人々の信仰を集めています。

ご開帳は、年3回(1月15日、5月15日、9月15日)。

法話と祈願法要のお時間には、お参りの方が大勢訪れ、

(安国殿からあふれています!)

黒本尊様と間近でありがたいご縁を結びます。

 

次に続きます。

LINEで送る

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方


  • To Top