天然水で暮らす東川町 雪解け水の極上コーヒーでスローな時間を

プロフィール写真

(エルエル) 札幌で夫とふたり暮らし。金融関係で働いています。パンを作るのも食べるのも大好きで、小麦大国北海道の美味しいパンを探し歩いています。北海道は食材そのものが美味しい土地。見所も沢山あります。北から発信するおでかけをご紹介します。旅行とヨガがストレス解消法。

上水道のない町、北海道東川町。
この町の方々は、なんと天然水で暮らしているのです。

 

北海道の最高峰、大雪山の雪解け水が、長い年月をかけて地中深くにしみ込み、東川町へと流れる事でその恩恵を受けられる。しかもこの水、ミネラルが豊富に含まれる最上級の水。
蛇口をひねれば天然水が出てくる、つまり生活用水がミネラルウォーターなのです。

 

その水で作られるお米や野菜はもちろん美味しい。
ファミレスやファーストフード店はないけれど、地元食材を活かしたカフェが多いのです。まさにカフェの町。

 

ここ数年、GWは東川町の旭岳温泉へ行くのが定番。
道の駅で、いい香りのコーヒー豆を発見。これから向かうホテルへの通り道にあるカフェのもの。せっかくなので豆を買いに立寄ってみます。

こちらが「Wednesday CAFE&BAKE」
昨年8月にオープンした古い倉庫を改装したカフェです。よく見るとうっすら農協の文字が見えます。

閉店まであと一時間くらいあるのにシャッターが半分閉まってる。おそるおそる覗くと、フード完売、豆とグラノーラの販売はやっているとの貼り紙が。

というわけで、貸切状態で中に入れていただきました。

中は外のイメージとは違うオシャレな空間。
豆の好みを相談すると、とても詳しく説明していただき、パカマラという生産数が少なく希少価値が高いという豆を購入。


とってもいい香りです。
早く飲みたい!

さて、ホテルに向かいます。
もちろん、ホテルも蛇口から天然水ですので洗面所にはこんな案内が。


水道水を入れると水素水になるスプレー容器を持参。ミネラルウォーターの水素水になるので顔や髪にスプレーしまくります。
ちなみに、ルームキーにはベルが着いてます。持ち歩くたびチリンチリンうるさいなぁと思っていたのですが、これ熊除けのベル。旭岳にトレッキングに行く方もいるので、結構本気のベルです。

 

温泉につかり、美味しいものも食べ翌日、さぁ旭山動物園に行こうと窓を開けると…雪です。吹雪いてます。5月ですよ。山をバックに撮影のはずが…。見えません。

 

この寒さ、動物園はキツいので断念。
お隣の美瑛でパンを買って帰ろうと出発したのですが
、ふと昨日のカフェ、コーヒーは買ったけど、ここの美味しい水で淹れるのと、家で飲むのとは違うはず。せっかくきたのに飲まずに帰っていいのかと車の中で思い立ち、行き先変更Uターン。
どうしても飲みたい。しかも調べた所、店主の齋藤さんはバリスタではないですか!

 

というわけで、今度はコーヒーを飲みに再び来店。

LINEで送る

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方


  • To Top