秋田の三ツ星ホテル 山の手ホテル大曲で夏のお楽しみ

プロフィール写真

秋田県在住。映画と猫とスキンケアが大好き。同級生とギター&ボーカルのユニットを組み、たまに音楽活動も。20年来のパートナーが経営する、地元密着型居酒屋で働き、お休みには友人とのお出かけを楽しんでいます。県内と、お隣の岩手県(知り合いが多数在住!)など、私の東北ご近所旅をお楽しみいただけたら、と思います。

まだまだ暑い日が続いております。少々夏バテ気味の私ですが、今回はたまに贅沢をしちゃおう!夏バテ解消だ!ということで、いつものお友だちと2人、地元の3つ星ホテル、山の手ホテル大曲の予約ランチに行ってきました。


ホテル玄関前の写真は、私が撮影を忘れてしまい、あとでウェディングプランナーの本庄矩子(ほんじょう のりこ)さんが撮ってくださいました。

 

結婚式場としても人気の、森の中に佇むこの「フォレストリゾートウェディング 山の手ホテル大曲」には、ふたつのチャペルがあります。バンケットホールから見えて一面緑の通路で繋がる、木々に囲まれた森のチャペルと、全面ガラス張りで、流れる水のせせらぎに囲まれたクリスタルチャペルフォレスト。どちらもランチ前に見学させてもらいました。

 

こちらのホテルのトップ営業マン、3年連続No.1をひた走る阿部信昭(あべ のぶあき)さん。

阿部さんは、私のパートナーくんの中高の同級生。その繋がりで知り合い、ランチの予約・チャペルの写真撮影まで、スタッフの皆さんにご伝達からご案内に至るまで、全てお世話になりました。感謝感激です!
本庄さんが撮影した写真も、阿部さんから送信していただきました。

 

森の中の山の手ホテル、どっしりとした木製の扉を開けると、真っ直ぐ視線の先には、ガラス張りの向こうに中庭が。緑を基調とした心休まる雰囲気の中に、「WELCOME」の文字が風に揺れています。
横の壁には大小ペーパーフラワーのデコレーションと、その先にもペーパーフラワーの可愛らしい「Instagram PHOTO SPOT」と書かれた、フォトフレームらしきものが。こちら、地元の方のInstagramで目にしたことがあります(^^)

ペーパーフラワーの下に写る方々、向かって左は支配人の久川和也(くがわ かずや)さんと、私たちのランチの担当をしてくださった荒尾梨奈(あらお りな)さん。

 

支配人の久川さんは、着席の際に椅子をひいてくださり、まさに贅沢な気分にしてもらいました。荒尾さんは静かな聞きやすい話し方で、お料理の説明を丁寧にしてくれました。

 

向かって右の写真の方は、館内・バンケットホールと、チャペルを案内してくださった、佐藤凌(さとう りょう)さん。佐藤さんも穏やかな雰囲気で、笑顔でチャペルを丁寧に案内してくれました。

 

広々としたバンケットホールには濃淡ピンク色のお花がたくさん飾られていて、新郎新婦の席にもピンクのバラがいっぱいに盛られていました。煌めく照明の細工も、素敵。
そしてホールのガラス壁から見える、緑の木々に埋もれるように建つ青空の下の森のチャペル。
中に入ると、木の薫りまでするような可愛らしい昔ながらの造りで、童話の世界に入ったような感覚になります。

クリスタルチャペルフォレストは、少し離れたところにあるので、撮影させてもらうためにわざわざ佐藤さんが車で送ってくださいました。
こちらは外も中もとても新しい感覚のチャペル。

奥のガラスのアートは東京芸術大学教授日比野克彦氏、そして光・ライティングデザイナーの海藤春樹氏、音・サウンドラボプロデューサーの井出祐昭氏と、日本を代表する3人のアーテイストによるデザイン。


全面ガラス張りのチャペルの中からは緑がいっぱいに広がり、ちょうど紫陽花がたくさん咲いていて、その素晴らしい景色に魅せられます。
チャペルを囲む水のきらめきも美しく、秋の紅葉の季節、冬の真っ白な雪景色もとても美しいと聞きました。

この記事をシェア!

LINE

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方

この記事をシェア!

LINE

  • To Top