お米を素敵な贈り物に…。少量で味わえる銘柄米 「AKOMEYA  TOKYO」

プロフィール写真

「京都観光おもてなし大使」&旅ライター
アナウンサー、テレビ番組プロデューサーなどを経て、集英社「エクラ」などのライターに。
2011年より京都に在住。
京都など、日本の文化・観光情報を伝える
人気ブログ「ネコのミモロのJAPAN TRAVEL」を
毎日更新中

京都河原町通沿いにある商業ビル「BAL」は、上質の暮らしを提案するブランドが集まる人気のスポット。その1階に、今年7月7日「AKOMEYA TOKYO」という、京都の人たちがウキウキするショップがオープンしました。店の入り口には、北海道の「ゆめぴりか」、大分の「ヒノヒカリ」など全国の選りすぐりの10種類前後のお米が、玄米でケースの中に納められています。「あの~ここお米屋さんなんですか?」とお店の方に伺うと、「日本の食の素晴らしさをもっと味わって頂きたくて…美味しいごはんのためのものをいろいろ揃えています」とのこと。

ケース内の玄米は、1キロ以上から好みの分けづきでその場で精米をしてくれます。精米仕立てのお米の美味しさは格別なもの。しかも白米、七分、五分、三分など好みの具合で精米ができるとは、なんともうれしくなります。

白米は、精米してから夏なら2週間、冬なら一か月以内に食べ切るのが美味しく頂くポイントなのだそう。ここには、3合(450g)に小分けされたブランド米真空パックもあり、異なる米を次々に味わえる楽しみも…。「いくつか組み合わせて贈り物にされる方も多いんですよ」とお店の方。洒落たパッケージ入りなので、素敵なプレゼントに…。

 

美味しいごはんのために、炊飯鍋、おひつをはじめ、茶碗や箸なども棚に並びます。

 

さらに全国各地から取り寄せた評判のごはんのおともも種類豊富。夏の食欲不振を吹き飛ばし、ごはんが進む品々です。

また焼きあご、カツオ、煮干し、鶏節、野菜など風味豊かな出汁が手軽に取れる「出汁パック」は、料理の幅を広げ、味わいを深めるオリジナルの品。この出汁を使った炊き込みごはんや煮物は想像するだけで、垂涎もの。

 

次ページに続きます。

この記事をシェア!

Pinterest LINE

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方

この記事をシェア!

Pinterest LINE
第63回
お米を素敵な贈り物に…。少量で味わえる銘柄米 「AKOMEYA  TOKYO」

  • To Top