軽井沢の象徴、万平ホテル「アルプス館」は必見です

プロフィール写真

〈ミディクール〉軽井沢の奥深い魅力にひかれ、横浜の自宅と軽井沢を行き来するようになって7年。軽井沢の自然やおいしいもの情報など、フォトスタイリストの視点から魅力を伝えます。家族は夫と15歳になるチワワ。

軽井沢を代表するクラシックホテルといえば万平ホテル。
このたび万平ホテル「アルプス館」が国の登録有形文化財に登録される見込みとなりました。
登録有形文化財とは原則50年を経過した歴史的建造物のうち、国土の歴史的景観に寄与している、造形の規範となっている、再現することが容易ではないという登録基準によって国が登録する建造物の事をいいます。

 

昭和11年に建てられた万平ホテルの顔というべき「アルプス館」は、客室、メインダイニング、カフェ、バーなどからなる木造3階建ての建造物です。
軽井沢本通りを曲がり、から松並木の先に見えるモダンなハーフ・チンバー風の外観は、宿泊者のみならず軽井沢観光に訪れたすべての人たちを受け入れてくれる包容力があり、どこか懐かしさも感じられます。

万平ホテルは格調あるホテルであっても、宿泊以外の観光客や別荘でお過ごしの方も気楽に利用できることが本当にありがたい。

 

4年前の創業120周年の記念事業としてカフェテラスがリニューアルされて、デッキテラスが新設されることでワンちゃんと一緒にお茶を楽しむこともできるようになったのも嬉しいニュースでした。

 

ホテル入口近くにあるテラス席はそれほど広くはないけれど、緑に囲まれて、気持ちよい風を感じることのできる私のお気に入り。ワンちゃん連れでなくてもテラスから席が埋まっていくのは、みなさんもこちらで軽井沢らしさを感じることが出来るからではないでしょうか。

そのカフェテラスでの人気メニューといえば
ジョンレノン直伝のロイヤルミルクティーとかホテルダイニングの朝食でしか味わうことのできなかった”フレンチトースト“、絶品といまや伝説ともいわれるアップルパイが有名ですが、夏メニューで特にお勧めなのは”かき氷”です!

今回の私のお目当ては”桃のかき氷“。スプーンを氷に入れたときに、びっくりするくらいフワフワ~。口どけも優しく甘すぎない桃シロップも絶品で桃が氷の中に沢山隠れていているのです。見た目大きくて全部食べられるかしら?と思ったのですが、そんな心配はまったくなくて(笑)。メニューには辛口シャンパンとのセットもあり、大人な夏を過ごすには最強のコラボを味わうことができそうです。

 

LINEで送る

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方


  • To Top