八海醸造さんのテーマパーク「魚沼の里」が楽し過ぎる

プロフィール写真

東京浅草から雪深い新潟県魚沼の旅館に嫁いで早25年。女将という仕事柄、壮大なおでかけには縁がありませんが、地元ならではのコアな情報をお届けします。

魚沼は今年は雨がとても少ない夏です。
魚沼コシヒカリの生育もちょっと心配ですが、
農家さんからそんな話題はちっとも伝わってこない。
きっと、この秋も美味しいコシヒカリが収穫できるでしょう!

 

さて、
宿屋が一年で一番忙しい8月も
ちょこちょこ抜け出して、息抜きのご近所散策してきました。
とはいってもご紹介するこの場所は、
魚沼でのお洒落なお出かけ先の定番といってもいいかもしれません。

 

ちょっと優雅にお茶でもしようか、とか、
宿泊のお客様にもご案内するし
東京からの友人たちともちょくちょく訪れる場所なんです。

 

清酒八海山で有名な八海醸造が運営する、
その名も、ずばり、
’魚沼の里’

そば屋、お菓子屋、カフェ、お土産屋、雑貨屋、地元食材の食堂、
そして、一般の人も入れる八海山の’みんなの社員食堂’、
八海山雪室、等々、全部で12の施設が
八海醸造の第二浩和蔵という酒蔵を取り囲むように、
点在しています。

 

そば屋さんがこの場所に移転してから、
あれよあれよという間に、周りに建物が増えていき、
気が付いたら八海醸造さんのテーマパークになっていました。

 

そしてこの夏、
一番新しい施設がオープンしたと聞いてやってきました!
それが私の好きなビールが飲める場所!

酒蔵がつくるクラフトビール醸造所’猿倉山ビール醸造所’と、
そのビールがその場で飲める、’猿倉山ビールバー’です。

以前からビールは作っていたのですが、
このたび、まったく新しいビールを作ることになったのだそう。
ビールバーと醸造所はガラスを隔てたその先にあり、
すべて見ることができます。

ちょっとだけ小高いところに建っているので、
眺めは最高です。

この記事をシェア!

LINE

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方

この記事をシェア!

LINE

  • To Top