メルシャン美術館の跡地で行われている「浅間国際フォトフェスティバル」へ

プロフィール写真

〈ミディクール〉軽井沢の奥深い魅力にひかれ、横浜の自宅と軽井沢を行き来するようになって7年。軽井沢の自然やおいしいもの情報など、フォトスタイリストの視点から魅力を伝えます。家族は夫と15歳になるチワワ。

軽井沢町に隣接する御代田町は、浅間山麓の高原の町です。
この御代田町が将来設立予定である「写真美術館」を見据えてスタートする「浅間国際フォトフェスティバル」が9月30日(日)まで開催されています。(※来年も開催予定)

 

写真やアートの展覧会というと、知識がないと理解できないとか、わかりにくいと、ついつい敬遠していまいますが、この「浅間国際フォトフェスティバル」は写真について何もわからなかったとしても楽しめる素晴らしいものでした。

会場の最寄り駅である御代田駅にも作品が展示されているというので、車では行かずに、軽井沢駅から「しなの鉄道」に乗って行くことにしました。

 

階段やホーム、待合室には、駅を利用される方々がほっこりと心休まるような写真が展示。
このイメージで会場にいってみたら、ちょっと違う印象の作品が多かったので、さすが、駅という場所を考えての写真のセレクトなのだと思いました。

会場はメルシャン美術館の跡地を利用。その施設をそのまま生かした展示がされています。当初、建物にからまる蔦をどうしようかと思われたそうですが、この蔦が雨や風、だんだんと紅葉をしていく中で作品たちがどう表情を変えていくのかも作品の見方の一つとそのまま残されたそうです。
そして、ここで改めてびっくりしたことは、印刷技術の進歩ということ。
この壁面に飾ってある大きな写真は接ぎなく一枚で印刷できるそうですし、雨などにも強くUV加工もされているそう。

会場に入りインパクトのある作品といえば、あらゆるところに展示されたモノクロの顔のアップ。赤ちゃんもお年寄りも、大人も子供も。みんなとても良い表情をされています。
実はこちらは、特別の撮影車「フォト・トラック」がこの地に出向き、フェスティバルを見にこられた方を撮影し印刷されたものなの。撮り直しなしの一瞬。その時の一番良いお顔です。

参加型のフェスティバルのため写真の展示には色々な仕掛けがあっておもしろい。
たとえば……

この記事をシェア!

LINE

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方

この記事をシェア!

LINE

  • To Top