札幌発リアルレポート 地震から2日間、大甘だった私の身に次々と起こった現実は…。そして学んだこと。

プロフィール写真

(エルエル) 札幌で夫とふたり暮らし。金融関係で働いています。パンを作るのも食べるのも大好きで、小麦大国北海道の美味しいパンを探し歩いています。北海道は食材そのものが美味しい土地。見所も沢山あります。北から発信するおでかけをご紹介します。旅行とヨガがストレス解消法。

この度の台風21号、北海道胆振東部地震により被害にあわれた皆様に心よりお見舞い申し上げます。

 

9月6日3時8分、ドンという突き上げる衝撃で目を覚ました途端、経験したことのない激しい揺れに襲われました。震度5強。

 

Fenceinbostonさんから、今月ブログをお休みする事もご提案いただいたのですが、今回私が体験した事をお伝えできればと、いつものおでかけ女史組とは少し違ってしまうのですが、災害について書かせていただく事にしました。

 

痛感したのは、自分の防災意識の低さ。
備えがあれば普通に乗り越えられた事がたった2日でさえ大丈夫ではありませんでした。
私の家がオール電化だったからです。

 

地震の後、すぐに北海道全戸が停電します。
停電時、スマホは電波を探して通常より電池の減りが早いという事を知りませんでした。
まず困ったのは、携帯の充電切れ。連絡先が途絶えます。私は、連絡先をスマホにしか登録しておらず、紙などに写しをとっていませんでした。


このような車で充電出来るケーブルも持っていませんでした。というより車で充電出来る事も知りませんでした。

 

私は、スマホとタブレットを利用しているのですがよりによってこの夜は両方とも充電せずに寝てしまいました。

 

発生直後は既に電池は半分ほど。地震アラーム、会社から一斉に送られる安否確認や連絡事項のメールに返信しているうちにどんどん電池は減ります。市内の両親からは、LINEで無事だけれど停電しているとの連絡が入り、その時点で停電に気づいたのです。

 

テレビも見れないので情報はスマホのみ。
迷惑メールや宣伝メールが入ってきても緊急時なので電源は切れない。

 

結局、お昼には完全に電池切れ。停電はすぐに回復するだろうと考えていたので紙に控えておらず、全く連絡先がわからない。
この時点で、全く誰とも連絡がとれなくなります。

 

最終的に


公衆電話に走る羽目に。場所によってはかなり並んでいました。
翌日になっても停電したままなので、会社へ連絡しなくてはならず社員録を引っ張り出し、上司の携帯へ連絡。後は、実家の固定電話に連絡。でも固定電話はつながりません。

LINEで送る

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方


  • To Top