発見!滋賀・大津の知られざる魅力/③商店街HOTELを拠点に、ちょっと郊外へ琵琶湖の美味探訪!

プロフィール写真

寺と神社の旅研究家。

女性誌の編集者を経て、寺社専門の文筆業を始める。各種講座の講師、寺社旅の案内人なども務めている。著書に「京都仏像を巡る旅」、「お江戸寺町散歩」(いずれも集英社be文庫)、「奈良、寺あそび 仏像ばなし」(岳陽舎)、「近江若狭の仏像」(JTBパブリッシング)など。

こんにちは。寺社部長の吉田です。

今回も、滋賀県大津市に新しくできた「商店街HOTEL 講 大津百町」に滞在して、周辺にお出かけする話の続きです。旅の3日目は、地元の喫茶店でモーニングを食べ、琵琶湖に浮かぶ有人島の沖島まで遠出します。沖島には、琵琶湖で漁業に携わる方が多いため、湖魚の加工品を購入することができます。夕食は、ホテルのキッチンとダイニングを使い、沖島とホテル周辺の商店街で買った美味しいものをつまみに、地元でイチオシの日本酒を味わってみましょう。

 

 

さて、今日もまた、朝めし前の軽いお散歩です。

本日の朝食は、商店街の少し先にあるレトロな喫茶店 サモワールで。お寺が立ち並ぶ雰囲気のよい通り沿いにあります。

店内に一歩足を踏み入れた瞬間、青春時代にタイムスリップ。昔、うんと若いころ、こんな喫茶店によく行きました。ブレンドではなく、モカやブラジルなどのコーヒーの銘柄を指定して注文するのが、何だか大人っぽく思えたものです。

 

オーナーの女性は、今は亡きご主人と、日本人がコーヒーの味に目覚めたころから、この場所でこのお店を続けてこられたのだそうです。「最近はサイフォンを見たことないという若い子もいて驚くわね」とオーナーさんはちょっと苦笑い。

モーニングは厚切りバタートーストとブレンドコーヒー。このごろチェーンのコーヒーショップが増えたけれど、わたしはやっぱり、昔ながらの方法で一杯ずつ丁寧に淹れたコーヒーの方が美味しいと感じます。

 

サモワール

077-525-0901

 

 

さて、朝食も終わり、いよいよ沖島へ。しかし大津市内から沖島に行くのは、なかなかたいへんです。まず電車で近江八幡に行き、バスに乗り換えて堀切漁港(沖島行きの船の乗り場)に向かい、そこから船で10分。今回は、滋賀県在住の友人にお願いして、車で行きました。これだと、船の乗り場までおよそ1時間。琵琶湖大橋を渡る快適なドライブです。

大橋を渡ってすぐの湖岸に第一なぎさ公園という素敵なスポットがあります。7月中旬から8月初旬にかけて、ここは広大なひまわり畑に。琵琶湖や対岸の比良山の風景とあいまって絶景となりますので、ジャストシーズンに行かれる方はお見逃しなく。

まだ少し時間に余裕があったので、船着き場のすぐ近くの「水茎焼(みずぐきやき) 陶芸の里」にも寄りました。このあたりは琵琶湖畔の景勝地で、万葉集の時代から「水茎の岡」と呼ばれていました。この地の美しさにちなんで考案されたのが「水茎焼」で、琵琶湖をイメージした淡青色のオリジナル釉が特徴。滋賀県の県鳥であるかいつぶりがシンボルマークとなっています。

陶芸教室もあります。次はぜひトライしてみたいです。

 

水茎焼 陶芸の里

 

 

次ページに続きます。

この記事をシェア!

LINE

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方

この記事をシェア!

LINE
第84回
発見!滋賀・大津の知られざる魅力/③商店街HOTELを拠点に、ちょっと郊外へ琵琶湖の美味探訪!


  • To Top