風雅な古民家宿と北国街道の宿場町・木之本、紅葉散歩案内

プロフィール写真

寺と神社の旅研究家。

女性誌の編集者を経て、寺社専門の文筆業を始める。各種講座の講師、寺社旅の案内人なども務めている。著書に「京都仏像を巡る旅」、「お江戸寺町散歩」(いずれも集英社be文庫)、「奈良、寺あそび 仏像ばなし」(岳陽舎)、「近江若狭の仏像」(JTBパブリッシング)など。

こんにちは、寺社部長の吉田さらさです。

滋賀県の旅情報を引き続きお届けしていますが、今回は、琵琶湖の北岸の木之本というところにある古民家の宿に泊まって田舎風の料理を味わい、近くの宿場町を歩くのんびり旅です。

大津からJR琵琶湖線で1時間ちょっと。木ノ本の駅で降りると、宿のご主人がピカピカのロンドンタクシーでお迎えに来てくださっていました。今日のお宿は「想古亭源内」。戦国時代の古戦場で知られる賤ケ岳の麓にあります。賤ヶ岳の戦いは、天正10年(1582年)羽柴秀吉と、柴田勝家の間で起きた闘いで、秀吉側で活躍した七人が、のちに「賤ヶ岳の七本槍」と呼ばれるようになりました。

※地名は木之本、駅名は木ノ本

その当時、この賤ケ岳の麓には24軒の農家があったと言われ、お迎えに来てくださったご主人は、そこから数えて17代目。自宅を宿になさったのは14代目(現在のご主人のひいおじいさん)。この方は賤ケ岳の戦いなどの歴史に詳しく、この地を訪れる皇族や文化人を案内しておられました。その際、家にお客さんを招いて接待をしたのが、宿の始まりです。「想古亭」という名前も、そのころ14代目さんに案内された徳富蘇峰さんから賜ったとのこと。

そんな歴史を持つ風雅な田舎家では、外の世界とは違う時間が流れているようです。何か悩みごとがあっても、ここではいったんすべて忘れて、のんびり、ほっこり過ごせそう。

建物は築100年以上。今では手に入らないような高価な木材をふんだんに使った贅沢な造りです。

囲炉裏のある部屋でお食事もできます。

宿泊した文化人から届いた葉書。文字も絵もオリジナリティがあり、洒脱ですね。

 

 

お料理は、すべて、周辺地域でとれたもので作られています。

夏は貴重な天然ウナギも賞味できます。

懐石コースの合間にパスタも出ます。これは息子さんの得意料理です。

これらのお料理は夏の旬の食材を使ったものです。秋にはまた違う料理が出ます。楽しみですね。

 

 

お風呂は天然温泉ではありませんが、光明石という生体活性作用の強い天然石を主たる泉源体としてできた湯が使われています。柔らかくて肌に優しく、長いこと浸かっていても疲れません。お風呂の左側にある樽のようなものは、五右衛門桶風呂。ここにしばらく浸かると、上がってからも湯冷めしないとか。

 

次ページに続きます。

この記事をシェア!

LINE

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方

この記事をシェア!

LINE
第85回
風雅な古民家宿と北国街道の宿場町・木之本、紅葉散歩案内

  • To Top