長野県の三水館に行きたかったのには理由がありました

プロフィール写真

東京浅草から雪深い新潟県魚沼の旅館に嫁いで早25年。女将という仕事柄、壮大なおでかけには縁がありませんが、地元ならではのコアな情報をお届けします。

9月後半まで夏休みが取れない~と、
テンションも下がりがちだったのですが、
お客様の日程変更により、貴重な2日間がお休みになりました!

 

今年は、珍しく宿に泊まることが多い私。
このたびの行き先は、長野県鹿教湯温泉、
目指すは、人気のお宿、
’三水館’さんです。
私たちにしては珍しくリピートで、2度目の宿泊。
15,6年ぶりです。

 

さぁ、いつものように午前の仕事を済ませて、
出発です!

 

久々のこのお宿の構え、
ワクワクする、というよりも、しっとりと優しく迎えてくれます。
アプローチもいいでしょう。

今日のお部屋は三十路。
こじんまりとしていますが、古民家を移築しただけあって、
天井が高く、開放感があります。
窓から見える緑も綺麗。

遅く到着したので、温泉よりもまずビール!
ということで、早速お楽しみの夕食です。

 

まずは季節の前菜から。
あぁ、やっぱりお洒落!目からも楽しませてくれます。
もちろん、地元の野菜がたっぷりです。

鮮やかな器に入ったのは、
トウモロコシの温かいポタージュです。

季節野菜の炊き合わせ。

などなど、魚もお刺身も登場した後、
最後のメインには、茄子とズッキーニのチーズ焼きです。

 

いわゆる旅館料理とは一線を引いているでしょう。

食後のコーヒーとデザートはラウンジでいただきます。
紫蘇のアイスクリームとほうじ茶のプリン。

2階から玄関を臨む。
ゆったりとした土間が広がります。

 

暖炉の奥に猫がいるの見えますか?
このお宿のマスコット老猫、’にゃん蔵’が、
数年前に天に召され、今この二代目がデビューしていました。
にゃん蔵と同じ、館内を自由に動き回っていますよ。
猫好きの方は嬉しすぎますよね。

久々の三水館さんにはぜひ行きたい理由がありました。

この記事をシェア!

LINE

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方

この記事をシェア!

LINE

  • To Top