300年の歴史。セレブも愛したシャトー・ルデンヌのワインお披露目会へ

プロフィール写真

都内在住。家族の赴任に伴い、オランダに四年、香港に三年半住み、現地の会社で働いていたことも。”やらない後悔よりやる後悔”がモットー、興味を持ったらまずは行動! 最近のマイブームはランニングです。普段から着物を愛好し、自称普段着物研究家。そんな着物姿でぶらぶら、走りながらきょろきょろと見つけたおでかけ情報を発信していきます。

フランスのジロンド河口に広がる地区、メドックと言えば、ボルドーワインの名産地として有名ですよね。紀元前1世紀のローマ時代の遺跡から、既にワインを作っていた痕跡が見つかっているほど古くからワインが作られている場所です。ワインにあまり詳しくなくても、シャトー・マルゴーとかシャトー・ムートンなど、とにかく高そうなワイン名前は聞いたことがある、という方も多いと思いますが、これらは全てメドック地方のボルドーワインなのです。

 

そんなメドック地方で1670年に設立されて、3世紀以上の歴史を誇るメドック地域最古のワイナリーのひとつ、シャトー・ルデンヌがリニューアル、そのワインのお披露目会にワインのお勉強に行ってきました。

ボルドーと言えば赤ワイン。でもこちらでは白ワインも作られています。実はメドック地区では最初に白ワインの生産を始めたシャトーとして有名なのだそう。


というわけで、前菜には牡蠣や秋刀魚もラインナップ。

さっぱりしてるけど、どこか重厚な味わいは牡蠣のミルキーな味わいや、秋刀魚のコクにもぴったり。おいしー。
年代によって別のワイン?!と思ってしまうくらい、味の幅が広いのもびっくりです。

 

次に続きます。

この記事をシェア!

LINE

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方

この記事をシェア!

LINE

  • To Top