「特別展 明治150年記念 日本を変えた千の技術博」がおもしろい!

プロフィール写真

寺と神社の旅研究家。

女性誌の編集者を経て、寺社専門の文筆業を始める。各種講座の講師、寺社旅の案内人なども務めている。著書に「京都仏像を巡る旅」、「お江戸寺町散歩」(いずれも集英社be文庫)、「奈良、寺あそび 仏像ばなし」(岳陽舎)、「近江若狭の仏像」(JTBパブリッシング)など。

こんにちは、寺社部長の吉田さらさです。

芸術の秋、東京の上野公園では、国内外の美術品を集めた素晴らしい展覧会がいくつも開催中ですが、今回はちょっと趣向を変えて、美術ではなく、科学にまつわる展覧会に行ってみました。

国立科学博物館で開催中の「特別展 明治150年記念 日本を変えた千の技術博」です。

この展覧会を見ようと思ったのは、「明治150年」という言葉に興味を引かれたから。大河ドラマ「西郷どん」などを見ていると、江戸から明治へと移り変わる時に起きたさまざまな変革を、庶民たちがよく受け入れたものだと感心します。それから150年。長い歳月のようですが、日本の歴史の中では、比較的短期間に大きな変化を遂げた時代とも言えます。しかも、そのうち何十年かは自分も実際に体験しています。この展覧会は、科学技術の進歩という観点から、明治から現代に至る時代を検証する内容になっており、今の日本人の生活がどのようにして出来上がったのかを知ることができます。さまざまな科学技術による身近な製品が展示され、自分の人生と重ね合わせながら見ることもできて、とても面白いですよ。

展示は8つの章に分かれており、案内役は、この伝説の聖獣、鬼龍子(きりゅうし)君です。鬼龍子は、江戸時代の幕府直轄の教育機関であった昌平坂学問所を守っていましたが、関東大震災で、建物とともに焼け落ちたと伝わっています。日本人が明治維新という大変革を受け入れることができたのは、江戸時代から学問が盛んで、武家の人々のみならず、庶民の多くが読み書きができたというのが理由のひとつ。鬼龍子君は、日本の学問の発展を見守ってきた存在とも言えます。

 

 

第一章は、明治維新 科学と技術で世が変わる」。

学校制度、科学という学問の始まり、医学、繊維、鉄道など、明治維新後に導入された西洋の考え方や技術を、人々がどう取り入れていったかがわかる展示です。今のわたしたちが当たり前と思って使っているさまざまな制度や技術の始まりが明治維新であったことが、よく理解できます。

中でも印象深いのは。この「凌雲閣」に関する展示です。

明治23年、東京の浅草に登場した12階建ての西洋建築で、またたく間に大人気の観光地になりました。高さ52m。当時の人々にとっては、それが雲を凌ぐほどの高さに見えたのです。現在の東京で一番高い建造物は東京スカイツリーで634m。技術の進歩に驚かされます。

この建物には日本初のエレベーターも設置されていましたが、危険性を指摘され、使用できなくなりました。そしてこの建物自体も、大正12年の関東大震災で上部が倒壊し、解体されました。しかし、こうした大きな災害の経験が、その後の科学のさらなる発展を促したとも言えます。特に地震の多い日本では、揺れに耐える技術の開発が重要なポイントとなっていったのでしょう。

 

電話に関する展示も興味深いです。

日本には、ベルが電話を発明した翌年、明治10年に早くも電話機が渡来し、遠方の人と声が繋がることに、庶民たちは驚いたのだそう。それから140年後の今、電話は小さなコンピューターとなり、誰もが一台持ち歩く必需品になりました。

 

 

第二章「科学で変える」の中の時計の展示も興味深いです。

今の日本人は時間に正確であると言われ、鉄道の運行の正確さなども世界一とされますが、意外にも江戸時代の日本人は、時間にきわめてルーズであったとのこと。しかし、明治8年には国内で時計を製造する人が現れ、明治半ばには、時計を作る町工場がたくさんできたのだそう。日本人は、正確に時を刻む時計という道具に魅せられたのでしょうか。そして時は流れ、1960年代、日本のセイコー社がクォーツ腕時計の開発に成功し、精度と実用性の高い国産腕時計が次々に発売されました。そうした経緯を経て、日本は世界一時間に厳密な国となったのです。技術の発展は、人の性質まで変えてしまうのですね。

 

 

第三章「くらしを変える技術」では、電気や照明に関する展示に注目です。

最初はガス灯、やがて電気による照明に変わり、夜の街は明るく安全なものとなり、人々の活動時間も広がりました。

人々の暮らしをさらに変えたのは、さまざまな道具の電化です。扇風機、冷蔵庫、掃除機、洗濯機など、便利な家電製品の普及により、特に主婦の仕事が大きく軽減されました。このあたりの展示になると、一部、わたしにも見覚えのあるものが。わたしの子供のころの洗濯機には脱水機能がなく、洗濯物を二つのローラーに挟んで絞る形でしたっけね。

 

 

次ページに続きます。

この記事をシェア!

LINE

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方

この記事をシェア!

LINE
第86回
「特別展 明治150年記念 日本を変えた千の技術博」がおもしろい!

  • To Top