115年も続くかわいいお菓子”浮き星”に心奪われました

プロフィール写真

東京浅草から雪深い新潟県魚沼の旅館に嫁いで早25年。女将という仕事柄、壮大なおでかけには縁がありませんが、地元ならではのコアな情報をお届けします。

例年より1週間ほど遅く
豪雪地帯魚沼もようやく初雪の便りが届きそうです。
この冬は暖冬予想ですが、
果たしてどうなることやら。

 

秋冬とまたまた魚沼の食が美味しい季節がやってきました。

 

地元魚沼の食材の豊富さはさることながら、
新潟県全体もまた
美味しいものにあふれています。
そしてその素材を使った加工品もまたたくさんあるんですよ。

 

このたびは、
まだまだ未知の新潟の食を知るべく、
’フードメッセinにいがた2018’に行ってきました。

フードメッセにいがたは食をキーワードに、国内外の情報やモノを新潟に集め、それそ新潟から全国に発信して、
食に関わる産業の創造を振興を図ることを目的にしています。

一般のお客さまは入れない、ビジネスをしている人だけの見本市です。

 

私も、
宿の朝食に出せるごはんのお供の美味しいものがあればいいなー!

はたまた
お土産物にできる素敵なものあるかなーと、
ワクワクで出かけてきました。

 

そして出会ったのは、
金平糖のようで金平糖でない、
もち米(あられ)に砂糖蜜をかけた、見た目は金平糖のようなお菓子、
’ゆか里’です。

つくっているのは新潟市にある明治33年創業の’明治屋’というお菓子屋さん。

 

後継者も出来てこれからも続けられるようになったそうです。

115年も続く可愛いお菓子ですが、
近年売り場が縮小し続けていたようです。これは残念!
そこで、これを’浮き星’と名前を変え、
可愛いデザインのパッケージで販売しているのが
新潟市にある、ヒッコリースリートラベラーズさん。

 

新潟の古町という地区にあるこのお店は可愛いものでいっぱい。
私も新潟に行くときは寄ってみるお店です。

これは新潟バージョンですが、

このたび魚沼バージョンもなにやらできそうで楽しみです。
オリジナル缶も作ることができるようです。

 

フードメッセに行く前は腹ごしらえ。

この記事をシェア!

LINE

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方

この記事をシェア!

LINE

  • To Top