清水の舞台から飛び降りて(⁉)合羽橋で包丁を買いました

プロフィール写真

東京浅草から雪深い新潟県魚沼の旅館に嫁いで早25年。女将という仕事柄、壮大なおでかけには縁がありませんが、地元ならではのコアな情報をお届けします。

いつもより雪便りが遅い魚沼です。
初雪も1週間も遅かったし、
その雪もまたあっという間に消えてしまいました。
暖冬予想ですが、どうなることやら。

 

12月は毎年実家で家族みんなが揃って食事をする、
楽しみな月です。
翌日はこちらも恒例のいつもの仲間との忘年会があり、
師走のひと時を愉しんできました。

東京に戻っても、あまり浅草に滞在しない私ですが、
今回は浅草界隈からほぼ出ませんでした。

 

まずはお膝元の合羽橋道具街へ。
目指すは包丁の専門店です。
かまた刃研社

以前主人がここで購入した包丁があまりにうらやましかった私です。
それまでも切れ味はよいものを使ってはいましたが、
その包丁は次元が違った!

 

感動したのはゴボウの千切りをしたとき。
切る傍から、ゴボウの香りがぷ~~んと漂うのです。
食べても絶対に美味しいに違いないと確信するいい香りです。

 

そして、このたび、主人と同じ包丁を
清水の舞台から飛び降りて!購入しました!
一番左の小さいやつです。

ちょっとちょっとすごい値段しょう。22,000円。見ないことにします。

 

壁にはありとあらゆる種類の包丁が並んでいます。

案外外国人の姿も多く、それもみんな真剣に説明を聞いて
購入していきますよ。これも驚きでした。

 

お昼に向かったのは、
意外にもお初の超有名店、
神田やぶそば。

 

数年前火事で全焼してしまったのは記憶に新しいところですが、
見事に雰囲気を残して再建されていました。

周りは高層ビルに囲まれています。
ここだけ江戸時代に戻ったかのようです。

 

そば屋では、ほぼ天ざるを注文する私。
ところが、
天ぷらそば、とお品書きに書いてあるのは
温かい、という。
私の食べたいのは冷たい天ぷらそば、つまり天ざる。
でもお品書きにはそれはない。

 

どうしたらいいか?

この記事をシェア!

LINE

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方

この記事をシェア!

LINE


  • To Top