重要システムメンテナンスのお知らせ

下記日程にてシステムメンテナンスを実施予定です。
ご迷惑をおかけしますが、
ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。

【停止期間】2019年09月02日(月)13:00 ~ 15:00

初公開作品にも注目!「新・北斎展 HOKUSAI UPDATED」

プロフィール写真

寺と神社の旅研究家。

女性誌の編集者を経て、寺社専門の文筆業を始める。各種講座の講師、寺社旅の案内人なども務めている。著書に「京都仏像を巡る旅」、「お江戸寺町散歩」(いずれも集英社be文庫)、「奈良、寺あそび 仏像ばなし」(岳陽舎)、「近江若狭の仏像」(JTBパブリッシング)など。

こんにちは、寺社部長の吉田さらさです。

今回は、現在、六本木ヒルズ内の森アーツセンターギャラリーにて開催中の「新・北斎展 HOKUSAI UPDATED」[会期 2019年1月17日(木)~3月24日(日)]のご案内です。国内だけでなく世界中で人気の高い天才アーティスト、葛飾北斎の生涯にわたる画業を知ることができる貴重な特別展です。

北斎と言うと、まず思い浮かぶのは、この「冨嶽三十六景神奈川沖浪裏」。海外でも、「Great Wave」と呼ばれて、北斎の代表作として広く知られていますが、実は、こうした浮世絵の風景画は、北斎の画業のごく一部に過ぎません。「北斎」という名も一時期に使っていた画号のひとつで、20歳でデビューしてから90歳の絶筆まで、さまざまに画号を変え、手法も画風も時々によって大きく変化していきます。

 

今回の展覧会は国内外から集められた多数の作品を通して、北斎の多岐に渡る活動の全貌を知ることができます。多数の初公開作品がそろっていることもこの展覧会の特徴です。それによって、これまでの北斎像をアップデートし、また新たな魅力に気づくことができる。なるほど、それで展覧会の名称が「新・北斎 HOKUSAI UPDATED」なんですね。

 

この展覧会では、北斎の画家としての人生を、時期ごとの作風とその当時使っていた主な画号によって6つのパートに分けて展示しています。

第一章は「春朗期」。20歳から35歳ごろ。このころは、その時代に一世を風靡していた勝川春章の門人としての活動が中心で、「勝川春朗」という名で、役者絵を多く手掛けていました。

「五代目市川団十郎 松王丸・市川門之助 桜丸」

天明8年(1788)島根県立美術館(永田コレクション)展示期間1月17日(木)~1月28日(月)

 

五代目市川団十郎の表情が、先日、十三代目市川団十郎白猿を襲名すると発表された市川海老蔵さんに、どこか似ている気がします。

 

 

「新版浮絵両国喬夕涼花火見物之図」(天明年間1781~89)日本浮世絵博物館 展示期間1月17日(木)~2月18日(月)

「浮絵」と呼ばれる西洋の線遠近法が使われているため、手前のものが浮き出したように見えます。

 

次ページに続きます。

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

Facebookおでかけ女史組更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第91回
初公開作品にも注目!「新・北斎展 HOKUSAI UPDATED」


  • To Top